2020年卒「就職人気企業ランキング」5年ぶり1位交代…首位に返り咲いたのは?

 学情は2019年3月18日、全国の2020年卒学生を対象に実施した「就職人気企業ランキング」を発表した。総合1位は「伊藤忠商事」となり、6年ぶりに首位に返り咲いた。前年調査まで4年連続で総合1位だった「ANA」は5位にランクダウンした。

教育・受験 大学生
総合ランキング TOP10
  • 総合ランキング TOP10
  • 総合ランキング TOP200(1~100位)
  • 総合ランキング TOP200(101~200位)
  • 男女別ランキング TOP50
  • 文理別ランキング TOP50
 学情は2019年3月18日、全国の2020年卒学生を対象に実施した「就職人気企業ランキング」を発表した。総合1位は「伊藤忠商事」となり、6年ぶりに首位に返り咲いた。前年調査まで4年連続で総合1位だった「ANA」は5位にランクダウンした。Webサイトではランキング上位200企業を紹介している。

 調査は2020年3月卒業予定の大学3年生と大学院1年生を対象に実施した。調査期間は2018年12月1日から2019年3月7日。対象者は就職希望企業を最大5社選択する形式で回答。9,482名の有効回答を得た。

 総合ランキング1位に選ばれたのは「伊藤忠商事」。朝型勤務などの働き方改革に積極的に取り組んでいる印象が強く、テレビCMや新聞広告などの広報戦略が功を奏し、6年ぶりの首位に返り咲いた。伊藤忠商事をはじめとする7大商社は、7位「丸紅」、11位「三菱商事」など、すべてが順位を上げた。

 前年調査まで4年連続で1位となっていた「ANA(全日本空輸)」は5位にランクダウン。乗務員の飲酒問題などが大きく影響し、学生のイメージダウンが影響したと考えられる。「JAL(日本航空)」も前年3位から19位へと大きくランクダウンした。「JR東日本」「JR東海」もランクを落とすなど、運輸業界の人気は低迷した

 全体的に業界ごとに明暗が分かれる結果となり、食品業界は高い支持を得た。前年に引き続き、総合2位にランクインした「味の素」をはじめ、8位「アサヒ飲料」、15位「アサヒビール」、16位「カゴメ」、17位「森永製菓」、18位「ロッテグループ」と、トップ100社のうち20社を占めた。特に理系学生からの支持が高く、理系ランキングでは上位8社がすべて食品業界という結果となった。

 一方、航空業界や運輸業界のほか、金融業界も人気が伸び悩む結果に。47位「三菱UFJ銀行」、72位「みずほフィナンシャルグループ」など、軒並み順位を落とした。学情のWebサイトでは、総合ランキングの上位200社のほか、男女別ランキングのトップ50、文理別ランキングのトップ50を紹介している。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)