大阪府立大と大阪市立大、新法人「公立大学法人大阪」発足

 大阪府立大学と大阪市立大学の公立大学法人は、2019年4月1日に統合し、新法人「公立大学法人大阪(英語表記:University Public Corporation Osaka)」を発足した。理事長には、元大阪市立大学理事長兼学長の西澤良記氏が就任した。

教育業界ニュース その他
公立大学法人大阪
  • 公立大学法人大阪
  • 大阪府立大学
  • 大阪市立大学
 大阪府立大学と大阪市立大学の公立大学法人は、2019年4月1日に統合し、新法人「公立大学法人大阪(英語表記:University Public Corporation Osaka)」を発足した。理事長には、元大阪市立大学理事長兼学長の西澤良記氏が就任した。

 4月1日に設立した公立大学法人大阪は、大阪府立大学、大阪市立大学、大阪府立大学工業高等専門学校の3校を設置する。

 新理事長には、元大阪市立大学理事長兼学長の西澤良記氏が就任。副理事長兼大阪府立大学学長には、大阪府立大学工学研究科長の辰巳砂昌弘氏が新任された。任期は、いずれも2023年3月31日まで。大阪市立大学学長には、荒川哲男氏が副理事長兼務で再任された。任期は2022年3月31日まで。

 公立大学法人大阪では、新法人設立に合わせて4月1日にWebサイトを開設。役員の新体制なども公表している。

 新法人の始動について、西澤理事長は「法人統合により、2大学・1高専のシナジー効果を発揮し、高度研究型大学の実現や高度人材の育成、大阪の発展への貢献を図ってまいります。さらに、大学業務における連携・共同化など、大阪府立大学と大阪市立大学との統合による新大学実現に向けた準備を進めてまいります」とコメントしている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)