【GW2019】夜のいきもの観察・解説ツアーなど…京都水族館4/27-5/6

 京都水族館は2019年4月27日から5月6日のゴールデンウィークの期間、午後8時まで営業時間を延長し、夜のいきものの姿や幻想的な水の世界を楽しめるイベント「夜のすいぞくかん」を開催する。

趣味・娯楽 その他
夜のすいぞくかん
  • 夜のすいぞくかん
  • 幻想的なイルカスタジアム
  • 足元を照らすランタン(イメージ)
  • 鮮やかな照明とイルカのコラボレーション
  • 「京の海」大水槽の裏側を見学
  • 親子で眠るオットセイ
  • 劇場型イルカパフォーマンス「La・La・Fin CIRCUS(ラ・ラ・フィン サーカス)」
 京都水族館は2019年4月27日から5月6日のゴールデンウィークの期間、午後8時まで営業時間を延長し、夜のいきものの姿や幻想的な水の世界を楽しめるイベント「夜のすいぞくかん」を開催する。

 京都水族館はゴールデンウィーク限定イベント「夜のすいぞくかん」を開催。期間中、通常の閉館時間である午後6時以降も営業するため、日中の京都観光のあともゆっくりと水族館を楽しむことができる。

 館内が暗くなる午後5時以降、「京の海」「ペンギン」「さんご礁のいきもの」「イルカスタジアム」では、夜間限定の色鮮やかな照明で幻想的な空間を演出。夜行性のオオサンショウウオが動く姿や、オットセイやペンギンが寝ているようすなど、夜ならではの“いきもの”の姿を観察することができる。一部のエリアでは、足元を照らすランタンの貸し出しを行う。

 また、エイベックスの企画・制作により2018年7月に誕生した、劇場型イルカパフォーマンス「La・La・Fin CIRCUS(ラ・ラ・フィン サーカス)」(全4章構成)の最終章となる第4章「よろこび」を、夜限定の演出で開催。鮮やかな照明を使ったムービングライトやスポットライトの中、さまざまな色の光に溢れた空間で、イルカがジャンプする姿などを見ることができる。

 さらに、18歳以上の京都水族館の年間パスポート所有者を対象に体験プログラム「夜のいきもの解説ツアー」を開催。夜の行動から見てとれるいきものの生態や見どころについて、毎日いきものと接している飼育スタッフの解説を聞きながら館内を巡る。普段立ち入ることができない「京の海」大水槽の裏側など、飼育のバックヤードエリアにも潜入することができ、いきものをより近くに感じることができる。参加希望者は、京都水族館Webサイトにて申し込むこと。定員は各回10名。応募多数の場合は抽選となり、当選者にのみメールで連絡する。

 京都水族館の一般入場料は、大人2,050円、大学・高校生1,550円、中・小学生1,000円、幼児(3歳以上)600円(障害者手帳持参者と同伴1名は、入場料金が一般料金の半額(1円単位を四捨五入)となる)。年間パスポートは、大人4,100円、大学・高校生3,100円、中・小学生2,000円、幼児1,200円(障害者手帳提示者は年会費が半額となる)。

◆夜のすいぞくかん
期間:2019年4月27日(土)~5月6日(月・振休)
会場:京都水族館(京都市下京区観喜寺町35-1)
一般入場料:大人2,050円、大学・高校生1,550円、中・小学生1,000円、幼児(3歳以上)600円(障害者手帳持参者と同伴1名は、入場料金が一般料金の半額(1円単位を四捨五入)となる)
※年間パスポートは、大人4,100円、大学・高校生3,100円、中・小学生2,000円、幼児(3歳以上)1,200円(障害者手帳提示者は年会費が半額となる)

<夜ならではの“いきもの”の姿観察>
時間:17:00~20:00
場所:「京の海」「ペンギン」「さんご礁のいきもの」「イルカスタジアム」
※ランタン貸出場所は「ペンギン」エリア1階

<夜の劇場型イルカパフォーマンス「La・La・Fin CIRCUS(ラ・ラ・フィン サーカス)」>
時間:19:15~19:35
場所:「イルカスタジアム」
料金:無料
※別途京都水族館への入場料が必要

<体験プログラム「夜のいきもの解説ツアー」>
時間:19:00~19:30
場所:「オットセイ」「ペンギン」「京の海」ほか
対象:18歳以上の京都水族館の年間パスポート持参者(参加時点)
募集人数:各回10名
料金:無料
※別途年間パスポート料金が必要
申込方法:京都水族館Webサイトにて申し込む
※応募多数の場合は抽選、当選者にのみメールで連絡する
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)