知育コンテンツが1年間使い放題「Amazon Fire7 キッズモデル」発売

 Amazonは2019年5月16日、Fireタブレットキッズモデルの新たな機種として、キッズ向けタブレット「Amazon Fire7 キッズモデル」の販売開始を発表した。価格は1万1,980円(税込)。予約はAmazon.co.jpにて受け付けている。

デジタル生活 未就学児
Amazon Fire7 キッズモデル
  • Amazon Fire7 キッズモデル
  • Amazon Fire7 キッズモデル
  • Amazon Fire7 キッズモデル
  • 破損・故障にも対応する2年間の限定保証付き
 Amazonは2019年5月16日、Fireタブレットキッズモデルの新たな機種として、キッズ向けタブレット「Amazon Fire7 キッズモデル」の販売開始を発表した。価格は1万1,980円(税込)。予約はAmazon.co.jpにて受け付けている。

 「Amazon Fire7 キッズモデル」は、7インチIPSディスプレイと高速プロセッサーの搭載、16GBの内部ストレージなどの特長を有したキッズ向けタブレット。子どもが落としても安心かつ、ハンズフリー利用ができるスタンド型カバー(ブルー・ピンク)を付属しているほか、タブレットが破損・故障した場合でも、Amazonに返品することで2年間の限定期間内で無償取替にも対応する。

 Fire7キッズモデルでは、児童書や知育コンテンツ、ビデオ、ゲームなど、数千点に及ぶ幅広いコンテンツの中から、3歳から12歳の対象年齢に応じたコンテンツを楽しめるサブスクリプションサービス「Amazon FreeTime Unlimited」を1年間使い放題で利用できる。なお、期間終了後は月額有料期間に自動移行される。現在利用可能なタイトルは、「しまじろうの知育アプリ」「Disney Buddies:ABCs」「ドラえもん デジタルカラー版(1)」など。定期的に追加しているため、子どもはコンテンツを探し出す楽しさを味わうこともできる。

 FreeTimeでは、機能のひとつである「みまもり設定」から総利用時間の設定や年齢フィルター、コンテンツの追加や削除といった機能を使い、子どもの利用を管理できる。さらに、子どもの日々のコンテンツの使用状況をWebサイト上で確認でき、使用コンテンツによる学習目標の見直しや利用時間の変更に役立てられるペアレント・ダッシュボート機能も利用できる。

 価格は1万1,980円(税込)。Amazon.co.jpにて予約を受け付けており、出荷開始は6月6日を予定。また同日より、エディオン、ケーズデンキ、ジョーシン、蔦屋家電など、全国の家電量販店300店舗以上でも販売開始を予定しており、店頭で実際に試すことが可能。

◆Amazon Fire7 キッズモデル
店舗販売・出荷開始:2019年6月6日(木)を予定
※Amazon.co.jpにて予約受付中
価格:1万1,980円(税込)
※Amazon.co.jpでの販売価格
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)