年齢不問、スマホとクルマを連携「SDLアプリコンテスト2019」賞金総額100万円

 SDLアプリコンテスト実行委員会(事務局:角川アスキー総合研究所)は、多くの開発者にSDLアプリの開発に接してもらうことを目的に、「スマートフォンとクルマをなかよくする SDLアプリコンテスト2019」を開催、7月上旬より募集を開始する。

デジタル生活 その他
第1回SDLアプリコンテストの最終審査会。グランプリと特別賞5作品が選出された。
  • 第1回SDLアプリコンテストの最終審査会。グランプリと特別賞5作品が選出された。
  • SDLコンソーシアム日本分科会に参加する自動車メーカー10社。
  • 第1回でグランプリとなったアプリ「Instaride」を制作したチームInstarideには、賞金50万円と、副賞としてヤマハのスクーター「E-Vino」が贈呈された。
SDLアプリコンテスト実行委員会(事務局:角川アスキー総合研究所)は、多くの開発者にSDLアプリの開発に接してもらうことを目的に、「スマートフォンとクルマをなかよくする SDLアプリコンテスト2019」を開催、7月上旬より募集を開始する。

SDL(SmartDeviceLink:スマートデバイスリンク)は、クルマやバイクとスマートフォンを連携させ、スマホアプリからカーナビ(車載機)を操作できるオープンソースの国際標準規格。同コンテストでは、エンタメアプリやドライブを楽しむためのアプリ、業務用アプリなど、SDLに対応する様々なアプリ(Android、iOS)を募集。アプリは四輪と二輪の両方が対象。年齢、性別、国籍等は不問で、個人・チームどちらでも応募できる。

同コンテストは、SDLの普及を目的としたSDLコンソーシアム日本分科会の協力で実施するもので、今回が2回目。同会は、自動車メーカー10社(トヨタ自動車、日産自動車、マツダ、SUBARU、ダイハツ工業、三菱自動車工業、スズキ、ヤマハ発動機、川崎重工業、いすゞ自動車)ほかで構成される。第1回では、バイクを運転している姿を他人に撮ってもらうためのアプリ「Instaride」がグランプリに選ばれた。

応募締め切りは10月31日。11月22日に最終審査会を開催し、グランプリには賞金50万円と副賞が、特別賞5作品には賞金10万円が贈呈される。

スマホとクルマを連携させる「SDLアプリコンテスト2019」を開催---賞金総額100万円

《丹羽圭@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)