東京2020大会応援メッセージ募集…クロネコヤマトトラック掲出も

 ヤマトホールディングスは2019年6月14日より、全国の小中学生を対象とした「ヤマトホールディングス 東京2020大会 応援メッセージ募集キャンペーン」の作品募集を開始する。上位入賞作品はクロネコヤマトのトラックにメッセージを掲出し、東京都内を走行する。

趣味・娯楽 小学生
ヤマトホールディングス 東京2020大会 応援メッセージ募集キャンペーン
  • ヤマトホールディングス 東京2020大会 応援メッセージ募集キャンペーン
  • 東京2020大会 オフィシャル荷物輸送サービスパートナー
  • 各賞および副賞
 ヤマトホールディングスは2019年6月14日より、全国の小中学生を対象とした「ヤマトホールディングス 東京2020大会 応援メッセージ募集キャンペーン」の作品募集を開始する。応募期間は9月8日まで。上位入賞作品はクロネコヤマトのトラックにメッセージを掲出し、東京都内を走行する。

 「ヤマトホールディングス 東京2020大会 応援メッセージ募集キャンペーン」は、全国の小中学生から「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」に集うすべてのアスリートへ向けた応援メッセージを募集するキャンペーン。東京2020大会のオフィシャル荷物輸送サービスパートナーとして大会物流を担うヤマトホールディングスが、社会的な大会機運の醸成を目的に実施する。キャンペーンで寄せられた応援メッセージをトラックに掲出することで、物を運ぶだけでなく、アスリートへ向けた子どもたちの想いも広く届けることを目指す。

 応募対象は、国内在住の小中学生。東京2020大会に集うすべてのアスリートへ向けた、パワーを発揮できる応援メッセージを日本語または英語50文字以内で募集する。審査員は、明治大学教授の齋藤孝氏、スポーツキャスターの寺川綾氏、スポーツジャーナリストの中西哲生氏、車いすバスケットボール選手の藤井郁美氏、ハンドボール選手の宮崎大輔氏が務める。

 審査員による審査を経て、金賞・銀賞(小学生の部・中学生の部、各1名ずつ)、および銅賞10名を選出。上位入賞者計14名の応援メッセージを、クロネコヤマトのトラックに掲出する。そのほか、審査員特別賞86名を選出。入賞者100名には東京2020オリンピックまたは東京2020パラリンピックの開会式や閉会式、競技のペアチケットが贈られる。応募は個人のほか、学校単位でも受け付ける。応募者全員に参加賞が贈られるほか、応募数の多かった上位100校には「学校賞」として文房具または学校備品3万円分を贈呈する。受賞作品の発表は11月下旬を予定。

◆ヤマトホールディングス 東京2020大会 応援メッセージ募集キャンペーン
応募期間:2019年6月14日(金)~ 2019年9月8日(日)
応募対象:国内在住の小学生・中学生
募集テーマ:東京2020大会に集うすべてのアスリートへ向けたパワーを発揮できる応援メッセージ(日本語または英語で50文字以内)
応募方法:キャンペーンWebサイトから応募する(個人、学校単位で応募可能)
受賞作品発表:2019年11月下旬
メッセージ掲出トラック:
・走行エリア…東京都内
・掲出トラック台数…特別デザインのトラック約100台、ほか数百台のトラックにメッセージステッカーを貼付予定
・メッセージ掲出期間…2020年1月下旬~2020年9月(予定)
副賞:入賞者100名に東京2020大会のペアチケットを贈呈
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)