京進、学習状況を見える化する新サービス「京進WEB」展開

 京都・滋賀・大阪を中心に全国で学習塾を展開する京進は、通塾生へのサービスとして「京進WEB」を2019年3月より展開している。生徒や保護者が自宅からパソコンやスマートフォンを使っていつでも現在の学習状況が確認できるシステムで、学習の「見える化」をサポートする。

教育・受験 小学生
京進WEB 3つの学習システム
  • 京進WEB 3つの学習システム
  • 京進
 京都・滋賀・大阪を中心に全国で学習塾を展開する京進は、通塾生へのサービスとして「京進WEB」を2019年3月より展開している。生徒や保護者が自宅からパソコンやスマートフォンを使っていつでも現在の学習状況が確認できるシステムで、学習の「見える化」をサポートする。

 「京進WEB」は、「欠席フォローアップWEB」「週実WEB」「定期テストWEB」の3つの学習システムを柱としている。「欠席フォローアップWEB」では、授業の要点をまとめた動画をWeb上にラインアップ。欠席した授業のフォローや予習・復習にも活用できる。「週実WEB」では、週ごとに学習した単元テストの成績確認が可能。基準点を超えるまで何度もテストにチャレンジでき、単元の定着を図る。「定期テストWEB」では、学校のワークや課題などの進捗状況を確認でき、定期テストへの準備をサポートする。

 生徒ひとりひとりの現在の学習状況を、指導者である京進側と生徒・保護者側双方からリアルタイムで視覚化・共有することで、学力向上への細やかで的確なサポートにつなげているという。「京進WEB」を活用することで、塾と家庭学習のつながりを深め、現状を「見える化」しながら、よりきめ細かい学習フォローアップの実現を目指す。

 京進は、教室での指導に加え「京進WEB」を活用することで、今後も最適な学習方法の提供と学習環境の充実に努め、生徒たちとともに成長することを目指すとしている。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)