クックパッドニュース、全国の「こども食堂」紹介する連載開始

 クックパッドは2019年7月18日、運営するニュースメディア「クックパッドニュース」にて、「こども食堂」の理解促進を目的とした連載企画「全国こども食堂探検」の配信をスタートした。今後、月1回を目安に全国のこども食堂の取材記事を配信する。

生活・健康 小学生
全国こども食堂探検(イメージ)
  • 全国こども食堂探検(イメージ)
  • むすびえ公式キッチン(イメージ)
  • 全国こども食堂支援センター・むすびえ マネージャー 三島理恵氏
  • クックパッド編集部 クックパッドニュース担当 植木優帆氏
 クックパッドは2019年7月18日、運営するニュースメディア「クックパッドニュース」にて、「こども食堂」の理解促進を目的とした連載企画「全国こども食堂探検」の配信をスタートした。今後、月1回を目安に全国のこども食堂の取材記事を配信する。

 今回の連載企画は、「こども食堂の支援を通じて、誰も取りこぼさない社会をつくる」というビジョンのもと、子どもが歩いていけるところに安心安全なこども食堂がある、という状態の実現を目指す「全国こども食堂支援センター・むすびえ」の活動に賛同したクックパッドが共同で取り組むもの。むすびえが2019年に実施した調査によれば、こども食堂は全国に少なくとも3,718か所あることが確認され、直近2年を上回る増加ペースで増え続けているという。クックパッドとむすびえは、こども食堂の参加者が広がることを目指して連載企画をスタートする。

 連載企画「全国こども食堂探検」の初回は、福岡県大野城市にあるこども食堂「おおのじょう こども食堂 みずほ町」を紹介。NPO法人のチャイルドケアセンターが運営するこの食堂は、食を通じて子どもの心とからだの成長に寄り添い、子どもの居場所としてだけでなく子育て世代とシニア世代の交流の場としても利用されているという。実際に子どもたちに人気の料理「鶏ぼっかけ」のレシピも紹介している。

 また、連載と同時に「むすびえ公式キッチン」も開設。こども食堂同士でレシピを共有できるよう、実際にこども食堂で作られているレシピ、数十人分の分量の料理を作るためのレシピを公開する。レシピは随時更新予定。こども食堂同士の交流促進や、レシピを閲覧した一般の方から「私もこども食堂を運営してみたい」という声が寄せられるなど、副次的な効果にも期待が寄せられる。

 クックパッド編集部のクックパッドニュース担当者は、今回の連載開始にあたり、「こども食堂の活動内容を知るうちに『こども食堂=限られた人が行く場所』というイメージが覆されました。読者の皆様にとっても『こども食堂』の存在が身近になり、地域のこども食堂について知るきっかけを提供できたらと思います」とコメントを寄せた。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)