プログラミング・STEAM教育推進…東京都の重点政策方針

 東京都は2019年7月19日、政策展開の基本となる大きな方向性として「重点政策方針2019」を発表した。プログラミング教育やSTEAM教育など、子どもたちの個性や可能性を伸ばす教育を推進する。

教育ICT 小学生
重点政策方針2019
  • 重点政策方針2019
  • 2020年度に向けた戦略的視点
  • 人と人とを繋ぐ
  • 人と人とを繋ぐ(イメージ)
 東京都は2019年7月19日、政策展開の基本となる大きな方向性として「重点政策方針2019」を発表した。プログラミング教育やSTEAM教育など、子どもたちの個性や可能性を伸ばす教育を推進する。

 東京都は、政策展開の基本となる大きな方向性や、その実現に向けて重点的に検討すべき事項を、毎年度「重点政策方針」として示している。重点政策方針2019「未来への投資 人が輝く東京に向けて」では、東京2020大会の成功と、その先の東京を明るいものとする「未来への投資」を効果的に進めていくという。

 戦略的視点「7C TOKYO」の1つである「未来を担う子どもを育む(Children)」では、子どもの「伸びる・育つ」を社会全体でサポートする。具体的には、プログラミング教育やSTEAM教育、グローバル教育など、子どもたちの個性や可能性を伸ばす教育を推進する。また、起業家教育など将来のキャリア形成に結びつく教育を充実させる。

 さらに、地域全体で子どもを虐待や犯罪、交通事故などから守る体制を強化し、特別な支援を要する子どもとの家庭への対応を強化する。

 東京都は、これまでの政策の成果や課題を洗い出し、2040年代を念頭に、今後起こりうる社会の大きな変化の中でも、活力ある東京を創り上げるために議論すべき内容について、8月を目途に論点整理し、「長期戦略ビジョン」(仮称)を、年末を目途に公表するという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)