AIを活用したオンデマンド型シャトルサービス…京急ら実証実験

京浜急行電鉄とスタートアップのNearMe、サムライインキュベートの3社は、8月21~27日の期間で、オンデマンド型のシャトルサービス「スマートシャトル」の実証実験を実施すると発表した。

デジタル生活 その他
シティシャトル 申し込み方法と利用フロー
  • シティシャトル 申し込み方法と利用フロー
  • オンデマンド型のシャトルサービス
京浜急行電鉄とスタートアップのNearMe、サムライインキュベートの3社は、8月21~27日の期間で、オンデマンド型のシャトルサービス「スマートシャトル」の実証実験を実施すると発表した。

3社は実証実験を通じて多様化する移動ニーズや、運転士不足などの課題に対応できる、効率的で持続可能なサービスの創出を検証、京急沿線地域各エリアの課題に応じた次世代モビリティサービスの創出を目指す。

実証実験では、NearMeが開発する配車AIを活用し、最大9人乗りの相乗りシャトルを、複数の利用者からのリクエストに基づいて最適ルートで運行する。「スマートシャトル」の第一弾となるシティシャトルは、国内外の観光客やビジネスパーソンをターゲットに、京急イーエックスインホテルグループ4館から都内の港区、千代田区、中央区、台東区の任意のスポットまたは羽田空港まで運行する。

車内ではタブレットで観光情報などのPRや、無料Wi-Fiの提供、東京電力エナジーパートナーが提供するモバイルバッテリー「充レン」を無料提供する。サービスは多言語に対応し、日本の交通手段に不慣れな訪日外国人旅行客にも快適な移動を提供する。

実験での利用料は無料。

AIを活用したオンデマンド型シャトルサービス 京急など実証実験へ

《レスポンス編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)