自動運転による大型バス運行…相鉄バスと群馬大

相鉄バスと群馬大学は、日本初となる大型路線バスを使用した自動運転の第1回実証実験を9月14日から10月14日まで、よこはま動物園ズーラシアと里山ガーデンを結ぶ全長約900メートルにて実施する。

デジタル生活 その他
今回の実証実験で使用するバス
  • 今回の実証実験で使用するバス
  • 今回の実証実験ルート(約900m)
  • 実証実験で使用する自動運転バスの時刻表
相鉄バスと群馬大学は、日本初となる大型路線バスを使用した自動運転の第1回実証実験を9月14日から10月14日まで、よこはま動物園ズーラシアと里山ガーデンを結ぶ全長約900メートルにて実施する。

実証実験は、大型路線バスでの自動運転適用における課題の解決や、地域における自動運転の機運の醸成を図ることが狙い。また、横浜市の「I・TOP横浜 路線バス自動運転プロジェクト」としても、郊外部における交通ネットワークの維持や、人口減少に伴う労働力不足への対応を目的に、自動運転バスによる地域交通課題の解決を目指す。

今回は相鉄バス所有の自動運転バス(大型ハイブリッドバス)に一般客が乗車。よこはま動物園ズーラシアと里山ガーデンフェスタ会場をつなぐ全長約900mを、自動運転レベル2により約20km/hで運行する。

運行期間は「里山ガーデンフェスタ2019秋」の開催期間となる9月14日から10月14日までの各週金曜日~月曜日で、10時台~16時台(初日のみ14時から)に1日16往復を予定。定員は各便25名(先着順)で運賃は無料。

日本初の自動運転による大型バス営業運行、よこはま動物園-里山ガーデン間で実施 9月14日より

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)