漢検協会、2019年「今年の漢字」11/1-12/5募集

 日本漢字能力検定協会は2019年11月1日から12月5日までの期間、2019年の世相を表す漢字一字「今年の漢字」を全国から募集する。決定した「今年の漢字」は、12月12日の「漢字の日」に発表する。

生活・健康 その他
2018年「今年の漢字」発表のようす
  • 2018年「今年の漢字」発表のようす
  • 応募箱
  • 歴代「今年の漢字」一覧
 日本漢字能力検定協会は2019年11月1日から12月5日までの期間、2019年の世相を表す漢字一字「今年の漢字」を全国から募集する。決定した「今年の漢字」は、12月12日の「漢字の日」に発表する。

 「今年の漢字」は、国民ひとりひとりが1年を振り返り、その年の世相を表す漢字を考えることで、漢字の持つ奥深い意義を再認識してもらうことを目的に、1995年より毎年開催している年末の恒例企画。日本全国から応募された漢字一字とその理由を集計し、最多応募数の漢字が「今年の漢字」に選ばれる。結果発表は、京都・清水寺の森清範(せいはん)貫主(かんす)の揮毫(きごう)により行われる。

 2018年は、全国的に地震や豪雨、台風、猛暑などの自然災害の脅威を痛感した1年だったことから、応募総数19万3,214票のうち2万858票を集めた「災」が選ばれた。令和最初の年となる2019年は、天皇即位をはじめ、大坂なおみのテニス全豪オープン初制覇や吉本興業の闇営業問題、ラグビーワールドカップの開催、台風15号の関東上陸、消費税増税などさまざまな出来事が起こっており、どの漢字が最多票を得るのか注目が集まる。

 応募方法は、はがきまたは特設サイト、全国1,300か所以上の書店・図書館などに設置される応募箱、または学校、企業などからの団体応募がある。応募受付期間は11月1日から12月5日(必着)。ただし、特設サイトの応募受付は11月1日の午前9時ごろから、応募箱設置期間は12月3日までとなっている。応募箱の設置場所は11月中旬にWebサイトに掲載予定。

◆2019年「今年の漢字」
応募期間:2019年11月1日(金)~12月5日(木)必着
※応募箱の設置は12月3日(火)まで
応募方法:特設Webサイト(スマートフォン・タブレットからも応募可)、はがき、応募箱にて応募する
発表:2019年12月12日(木) @京都・清水寺(京都市東山区清水1丁目294)
プレゼント:
【個人応募】
・漢検オリジナル図書カード1万円分:5名
・漢検オリジナル図書カード5,000円分:10名
・漢検オリジナル図書カード500円分:25名
・漢検オリジナルグッズ:60名
【団体応募】
・漢検オリジナルグッズ:6,000名(プレゼントは当選団体の応募人数分を送付する)
※当選者、当選団体の発表は賞品の発送をもってかえる
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)