特別展「ミイラ」国立科学博物館11/2-2/24

 国立科学博物館とTBS、日本経済新聞社は2019年11月2日から2020年2月24日まで、特別展「ミイラ『永遠の命』を求めて」を開催する。前売券は11月1日まで発売する。前売券の入場料は一般・大学生1,500円、小・中・高校生500円。

趣味・娯楽 高校生
特別展「ミイラ『永遠の命』を求めて」
  • 特別展「ミイラ『永遠の命』を求めて」
  • 入場料
 国立科学博物館とTBS、日本経済新聞社は2019年11月2日から2020年2月24日まで、特別展「ミイラ『永遠の命』を求めて」を開催する。前売券は11月1日まで発売する。前売券の入場料は一般・大学生1,500円、小・中・高校生500円。

 特別展「ミイラ『永遠の命』を求めて」では、世界各地のミイラとその背景にあるさまざまな文化、科学的に明らかになったミイラの実像、そしてミイラに関わる多くの人たちの活動を紹介する。展示を通して、ミイラの文化的・学術的価値を知ってほしいという。

 前売券・特別前売券の発売は11月1日まで。前売券の入場料は一般・大学生1,500円、小・中・高校生500円。一般・大学生2名の「前売ペアチケット」は2,900円、大人1名・子ども1名の「前売おとなこどもペアチケット」は1,900円。このほか、オリジナルグッズ引換券付き入場券も発売している。詳細はWebサイトで確認できる。

◆特別展「ミイラ『永遠の命』を求めて」
会期:2019年11月2日(土)~2020年2月24日(月・休)
会場:国立科学博物館(東京都台東区上野公園7-20)
開館時間:9:00~17:00(金曜・土曜は20:00まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、12月28日~1月1日
※ただし、2020年2月17日(月)は開館
※入場は各閉館時刻の30分前まで
※開館時間や休館日等は変更になる場合がある
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)