インフルエンザ、22道府県で患者増…最多は沖縄県

 厚生労働省は2019年10月18日、第41週(2019年10月7日~13日)のインフルエンザ発生状況を発表した。定点あたり患者報告数は0.90人で、前週の0.99人から減少した。都道府県別では沖縄県の18.02人がもっとも多く、22道府県で前週より報告数が増えている。

生活・健康 その他
インフルエンザ流行レベルマップ(第41週)
  • インフルエンザ流行レベルマップ(第41週)
  • インフルエンザ定点あたり報告数推移(2017年第36週~2019年第41週)
  • インフルエンザ定点あたり報告数・都道府県別(2019年第41週)
 厚生労働省は2019年10月18日、第41週(2019年10月7日~13日)のインフルエンザ発生状況を発表した。定点あたり患者報告数は0.90人で、前週の0.99人から減少した。都道府県別では沖縄県の18.02人がもっとも多く、22道府県で前週より報告数が増えている。

 インフルエンザの2019年第41週の定点あたり患者報告数は0.90人。第40週(2019年9月30日~10月6日)の0.99人より減少した。第41週における全国の患者報告数は4,421人、前年同期は617人だった。

 都道府県別では、沖縄県(18.02)がもっとも多く、鹿児島県(4.08)、佐賀県(2.77)、福岡県(1.76)、新潟県(1.56)、福島県(1.10)、愛媛県(1.07)、石川県(1.06)、東京都(1.01)、京都府(0.89)と続いている。前週の報告数と比較すると、22道府県で増加した一方、21都府県で減少。4県では増減に変化がなかった。

 全国で警報レベルを超えている保健所地域は沖縄県の4か所、注意報レベルを超えている保健所地域は沖縄県と鹿児島県の2か所であった。

 国内のインフルエンザウイルスの検出状況を直近の5週間(2019年第37週~第41週)でみると、「AH1pdm09」が85%を占めている。このほか、「AH3亜型」8%、「B型」7%であった。

 第41週におけるインフルエンザ様疾患による保育所、幼稚園、小学校、中学校、高校の休業施設数は、休校が5施設、学年閉鎖が17施設、学級閉鎖が80施設。今シーズンは例年より流行開始が早く、休校や学年・学級閉鎖も前年同時期より多い状況にある。

 インフルエンザは、38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感などの症状が比較的急速に現れるのが特徴。インフルエンザを予防する有効な方法としては、「流行前のワクチン接種」「外出後の手洗いなど」「適度な湿度の保持」などがあげられる。

 学校保健安全法においてインフルエンザは第2種の感染症に定められており、発症後5日を経過し、かつ解熱後2日(幼児は3日)を経過するまで出席停止とされている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)