UCLA×JAL、連携協定の覚書を締結…日米交流を促進

 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)と日本航空(JAL)は2019年11月27日、連携協定の覚書を締結したことを発表した。これは、JALとして初めての海外大学との広範な協力関係の構築となる。

教育業界ニュース その他
カリフォルニア大学ロサンゼルス校
  • カリフォルニア大学ロサンゼルス校
  • UCLA×JAL、連携協定の覚書を締結
  • UCLA
  • JAL
 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)と日本航空(JAL)は2019年11月27日、連携協定の覚書を締結したことを発表した。これは、JALとして初めての海外大学との広範な協力関係の構築となる。

 ロサンゼルス地区に拠点を持つJALのグループ会社であるJAL Engineering USA Co., Ltd.は、UCLA TERASAKI CENTER FOR JAPANESE STUDIESとともに、UCLA学生への研修機会の提供や人財育成、社会貢献活動に取り組んできた。この度の連携協定の覚書締結により、相互の協力関係をより一層深め、人財育成ならびに社会における課題解決に積極的に取り組み、日米交流の促進や日本の地域活性化、地域社会への貢献を目指していく。

 今後、両者は教育や研究における学生、教職員との交流および学術的な協力、共同研究プログラムやコラボレーション活動の積極的な推進、そのほか双方が合意する取組みへの協力を行う。現時点では、UCLAの研究者・学生による日本調査・研修への支援を通じた、日米交流活動ならびに地域社会の活性化への貢献や、日本の災害被災地復興と防災の取組みおよび海外への発信を予定している。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)