国家公務員採用総合職試験2019合格発表、教養区分19.5倍

 人事院は2019年12月6日、国家公務員採用総合職試験(大卒程度試験)教養区分の合格者を発表した。申込者数は2,893人、合格者数は148人、倍率は19.5倍。倍率は前年度(2018年度)と比べて0.7ポイント減少した。

教育・受験 大学生
2019年度国家公務員採用総合職試験(大卒程度試験)教養区分の合格者発表
  • 2019年度国家公務員採用総合職試験(大卒程度試験)教養区分の合格者発表
  • 試験の日程
 人事院は2019年12月6日、国家公務員採用総合職試験(大卒程度試験)教養区分の合格者を発表した。申込者数は2,893人、合格者数は148人、倍率は19.5倍。倍率は前年度(2018年度)と比べて0.7ポイント減少した。

 国家公務員採用総合職試験(大卒程度試験)は、政策の企画・立案または調査・研究に関する事務をその職務とする係員の採用試験。教養区分は、既存の試験区分以外の専攻分野の学生や外国の大学の卒業者など多様な有為の人材が確保できるよう、企画立案に係る基礎的な能力の検証を重視した試験区分。第1次試験は9月29日、第2次試験は企画提案試験などを11月12日~11月20日の間で指定する連続した2日間、最終合格者発表を12月6日に行った。

 申込者数は2,893人、合格者数は148人、倍率は19.5倍で前年度(2018年度)と比べて0.7ポイント減少した。女性の合格者数は32人で合格者全体の21.6%を占める。

 最終合格者は、採用候補者名簿(3年間有効)に得点順に記載される。各府省などでは、採用候補者名簿に記載された者の中から面接などを行って採用者を決定する。なお、採用はおおむね2020年4月または2021年4月となる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)