Hour of Code、世の中をよくするコンピュータサイエンスをテーマに教育週間

 みんなのコードは、米国の「Code.org(コードオルグ)」が主催するグローバルキャンペーン「Hour of Code」の活動に賛同し、日本全国の子供たちのコンピューターサイエンス活動を推進する。

教育ICT 小学生
Hour of Code、世の中をよくするコンピュータサイエンスをテーマに教育週間
  • Hour of Code、世の中をよくするコンピュータサイエンスをテーマに教育週間
  • Hour of Code、世の中をよくするコンピュータサイエンスをテーマに教育週間
 みんなのコードは、2019年12月9日から12月15日までの「コンピュータサイエンス教育週間」に合わせ、米国の団体「Code.org(コードオルグ)」が主催するグローバルキャンペーン「Hour of Code(アワー・オブ・コード)」の活動に賛同し、日本国内認定パートナーとして、日本全国の活動を推進する。

 本年度のキャンペーンテーマは、「世の中をよくするコンピュータサイエンス」。SDGs(国連の持続可能な開発目標)の「世界を変えるための17の目標」に代表されるような身近な問題を解決するアプリの作成、データサイエンスの活用など、世の中に対してプラスの影響を与えるためにコンピュータサイエンスを活用する、子どもたちの芽を積極的に応援していくとしている。

◆日本国内での教育週間中のHour of Codeの活動

1.グローバルでの最新情報・事例を公式SNSで情報発信
 Code.orgによる公式情報や、日本ではまだ馴染みの薄いSDGs(国連の持続可能な開発目標)に関するコンピュータサイエンス教育の事例などを、公式ウェブサイトやSNSを通じて情報発信する。

2.日本国内での関連イベントの紹介
 日本国内での趣旨に賛同する活動・SNSの投稿を、公式ウェブサイトやSNS(Facebook、Twitter)を通じて、全国に紹介していく。

3.日本国内での関連イベント等の支援
 企業・個人を問わず、関連した取り組みを実施する際の支援を行う。ワークショップの実施マニュアルや修了証、オリジナルステッカーなどの提供も行う。

 「Code.org」が提唱する「Hour of Code」とは、コンピュータサイエンス教育の普及を目的に推進する活動のひとつで、コンピュータサイエンス教育週間に1時間のプログラミング活動を実施しよう、という意味から命名。毎年12月開催のグローバルキャンペーンでは、全世界で約5億人の児童生徒が参加。日本国内では、みんなのコードが中心となり、民間企業・団体や学校関係者、教育委員会、非営利団体などと連携して活動。なおWebサイトには、子どもたちがプログラミング活動を楽しめるよう、「アナと雪の女王」や「スター・ウォーズ」などのキャラクター無償教材が多数用意されている。
《藤原一己》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)