LoiLo、学校1人1台端末導入支援プログラム開始

 LoiLoは2019年12月17日、学校1人1台端末導入支援プログラムを開始すると発表した。全国の自治体での学校1人1台端末の導入を支援するため、iPad無料貸出し、導入支援プログラムとしての教員ICT研修、ロイロノート・スクールを導入している学校の公開授業の案内を行う。

教育ICT 先生
ロイロノート・スクール
  • ロイロノート・スクール
  • 公開授業と情報教育研究発表会
  • シンキングツール大研修会 in 福岡
 LoiLoは2019年12月17日、学校1人1台端末導入支援プログラムを開始すると発表した。全国の自治体での学校1人1台端末の導入を支援するため、iPad無料貸出し、導入支援プログラムとしての教員ICT研修、ロイロノート・スクールを導入している学校の公開授業の案内を行う。

 ロイロノート・スクールは、1人1台タブレットを導入している多くの学校(1人1台校)で採用されている授業支援ツール。双方向型の授業や個別最適化された学びを実現する。2019年12月現在、ロイロノート・スクールを導入している1人1台校は319校にのぼる。LoiLoは1人1台環境での学びを成功へ導くため、iPadの無料貸出し、ロイロノート・スクールを導入している1人1台校の公開授業の案内、教員ICT研修を導入支援プログラムとして提供する。

 iPadの無料貸出しは、セルラーモデルのiPadを1校につき40台を2020年4月末から9月20日まで(期間については応相談)、無料で貸し出す。インターネット環境がなくても、ロイロノート・スクールを利用できる。iPadレンタル料や通信費、アプリ利用料はすべて無料。Web申込みフォームにて受け付けている。

 公開授業は、2020年2月3日に京都教育大学附属桃山小学校で行われる。同小学校では、2012年よりICT機器の整備を進め、ロイロノート・スクールを活用し、1人1台環境での学習に取り組んでいる。午後のテーマ別講演会では、関西大学の黒上教授よりロイロノート・スクール上で使えるシンキングツール(デジタルシンキングツール)と深い学びの関わりについて情報教育研究発表会が行われる。参加費は2,000円。申込みはWeb申込みフォームにて受け付けている。

 教員ICT研修「シンキングツール大研修会」は、2020年2月8日に福岡で開催される。「シンキングツールを使ったアイスブレイク」「各教科アドバイザーからの模擬授業」「授業デザインの作成」の3つのセッションを予定。定員は170名。

◆公開授業と情報教育研究発表会
日時:2020年2月3日(月)8:50~16:20(8:50分 受付開始)
会場:京都教育大学附属桃山小学校(京都市伏見区桃山筒井伊賀東町46

締切:2020年1月27日(月)
参加費:2,000円 ※必要な人のみ、お弁当代1,000円
申込方法:Webサイトより申し込む

◆シンキングツール大研修会 in 福岡
日時:2020年2月8日(土)10:30~17:30
会場:TKPガーデンシティ博多新幹線口(福岡県福岡市博多区博多駅中央街5-14 福さ屋本社ビル5F)
定員:170名
締切:定員に達し次第、締め切る
参加費:無料
申込方法:Webサイトより申し込む
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)