【中学受験2020】兵庫県私立中学校出願状況(1/14時点)灘4.31倍など

 兵庫県私立中学高等学校連合会は、令和2年度(2020年度)私立中学校の2020年1月14日午前10時現在の志願者出願・受験状況を発表した。出願者数は1万3,826人で出願倍率は3.09倍。灘は4.31倍、神戸女学院は1.78倍となった。

教育・受験 小学生
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
  • 令和2年度私立中学校志願者出願・受験状況一覧
  • 令和2年度私立中学校志願者出願・受験状況一覧
  • 令和2年度私立中学校志願者出願・受験状況一覧
 兵庫県私立中学高等学校連合会は、令和2年度(2020年度)私立中学校の2020年1月14日午前10時現在の志願者出願・受験状況を発表した。出願者数は1万3,826人で出願倍率は3.09倍。灘は4.31倍、神戸女学院は1.78倍となった。

 兵庫県内の私立中学校37校の募集人員は、前年度(2019年度)と同数の4,479人。1月14日午前10時現在の出願者数は1万3,826人で出願倍率は3.09倍だった。

 1月14日午前10時現在の出願者数で倍率が高い学校は、三田学園(後期)18.95倍、六甲学院(B日程)14.93倍、関西学院(B日程)13.13倍など。このうち、六甲学院と関西学院は出願者数が確定している。

 出願者数が確定している学校は、灘が775人の出願で4.31倍、甲陽学院が410人の出願で2.05倍、神戸女学院が240人の出願で1.78倍、六甲学院(A日程)が327人の出願で2.26倍などとなっている。

 兵庫県内の私立中学校入試は1月18日より行われる。また、合格発表も1月18日より行われる。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)