伊万里市、小学生プログラミング特待生募集…CA Tech Kids・Cygames共催

 佐賀県伊万里市がCA Tech Kids、Cygamesと共催で、小学生を対象とした「”Cygames presents” IMARI Kids プログラミング特待生」の募集を開始した。プログラミング学習環境を無償で提供し、次世代を担うプログラミングエキスパートの創出を図る。

教育ICT 小学生
伊万里市プログラミング特待生募集
  • 伊万里市プログラミング特待生募集
  • 2019年10月~11月に実施されたワークショップ
  • CA Tech Kids
  • Cygames
 佐賀県伊万里市がCA Tech Kids、Cygamesと共催で、小学生を対象とした「”Cygames presents” IMARI Kids プログラミング特待生」の募集を開始した。プログラミング学習環境を無償で提供し、次世代を担うプログラミングエキスパートの創出を図る。

 伊万里市と共催するのは、小学生向けプログラミング教育事業のCA Tech Kids(シーエーテックキッズ)とゲームの企画・開発・運営事業を行うCygames(サイゲームス)。両社は、2019年10月から11月に伊万里市すべての小学6年生を対象に、プログラミングワークショップを実施。サイゲームスが提供するイラストや音素材を用いた簡単なゲーム開発体験を通して、子どもたちにプログラミングの楽しさや可能性を伝えてきた。

 そこで、さらに学習を深めることができる環境を提供したいと、特待生の募集を行うことになった。対象は、プログラミングに興味を持つ伊万里市内の小学4年生から6年生。プログラミング特待生として選抜し、より高度で充実したプログラミング教育環境を提供する。

 特待生は、半年間の支援期間において、eラーニングシステムを活用したプログラミングの自学自習に取り組み、毎月1回程度、CA Tech Kidsの講師による対面のサポートを受けることができる。サイゲームスは、パソコンやゲーム開発素材など、学習に必要な機器類を全面提供する。

 2020年度からのプログラミング教育必修化では、プログラミング講師や指導体制の不足が課題となっている。CA Tech Kidsは、運営するeラーニングシステムを活用することで、講師に依存せず、効率的で本格的なプログラミング学習のソリューションを提供。大都市から地方まで全国各地の自治体と連携・協力し、プログラミング教育の機会創出と普及活動を行っている。

 特待生の募集は2020年1月27日から2月12日まで。選抜人数は10~20人程度。応募は各学校(クラス担任)を通じて申し込む。詳細は伊万里市のWebサイトで確認できる。

◆”Cygames presents” IMARI Kids プログラミング特待生 
応募期間:2020年1月27日(月)~2月12日(水)
対象者:伊万里市内の小学4年生~6年生(2020年1月時点)
選抜人数:10~20人程度を予定
応募方法:各学校(クラス担任)を通じて申し込む
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)