AI型教材「Qubena」開発のCOMPASS、小学館グループ参画

 AI型タブレット教材「Qubena」を提供するCOMPASSは2020年2月28日、小学館の関連会社になったと発表した。小学館の保有する教材やコンテンツなどの経営資源を最大限に活用するという。

教育ICT その他
COMPASS「Qubena」
  • COMPASS「Qubena」
  • 小学館
 AI型タブレット教材「Qubena」を提供するCOMPASSは2020年2月28日、小学館の関連会社になったと発表した。小学館の保有する教材やコンテンツなどの経営資源を最大限に活用するという。

 COMPASSは2012年の創業より、子どもたちの「未来を生き抜く力」を育てることを目的に、多数の学校や学習塾にAI型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」を提供してきた。2019年12月27日付で、小学館に発行済全株式を譲渡し、小学館の関連会社となった。株式譲渡に伴い、2020年1月1日付で神野元基氏がCOMPASS代表取締役CEOを退任。創業以来、取締役CTOとしてQubenaの開発を牽引し事業の成長を支えてきた小川正幹氏が新たにCEOに就任した。

 今後は、Qubenaの新規教材開発を主とした迅速なサービス拡充と新たな学習体験の創造を目指し、新経営体制でより一層の事業成長を目指す。また、神野氏はCOMPASSファウンダーとして「公正に個別最適化された教育」を全国に普及させるエヴァンジェリストとして活動していくという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)