【中学受験】塾も新型コロナ影響で休講…SAPIX・日能研・公文式など

 SAPIX小学部は、2020年3月2日~7日までの授業すべてを休講すると発表。日能研も首都圏の教室を3月15日まで休講。政府の要請を受け、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、全国で多くの小中学校が臨時休校に入ったことから、学習塾も続いた形だ。

生活・健康 小学生
SAPIX小学部
  • SAPIX小学部
  • 日能研
  • 栄光ゼミナール
  • KUMON
 SAPIX小学部は、2020年3月2日~7日までの授業すべてを休講すると発表。日能研も首都圏の教室を3月15日まで休講。政府の要請を受け、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、全国で多くの小中学校が臨時休校に入ったことから、学習塾も続いた形だ。

 SAPIX小学部は、Webサイトにおいて緊急連絡として、3月2日~3月7日までの授業をすべて休講すると掲載した。さらに、3月に各地で開催予定だった「2020年度中学入試分析会」や入室説明会もすべて中止する。

 日能研の首都圏教室は、3月2日~3月15日の教室を休講。期間中の「授業・テスト・教室イベント」は実施しない。3月4日~6日・10日~11日で開催予定だった「オン・ザ・ロード(首都圏)」も中止を決定。予定していた内容を動画撮影し、Web配信する。3月4日に日能研のWebにサイトにアップを予定で、申込みの有無に関わらず見ることができる。また、東海地区の教室は3月2日~3月12日、関西・中国地区の教室は3月2日~3月13日を休講する。

 栄光ゼミナールは、3月2日より当面の間、休講することを発表。自立学習室「i-cot」の使用もできない。 授業再開時期については、状況を踏まえて改めて連絡するという。3月7日、8日に実施予定だった新小学2年~4年生の理科実験教室「カチカチボールをつくろう」は延期する。

 公文式教室も、子どもの安全を第一に考え、公立小学校の休校期間は教室での学習を取りやめ、家庭での在宅学習とすることを決めている。現在、教室に通っている子どもたちには、在宅学習中の教材を渡せるよう準備を進めている。具体的な方法は、各教室で案内する。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)