専業主婦が新型コロナウイルスで困っていること「マスク不足」最多

 専業主婦(主夫)が新型コロナウイルスのために困っていることの1位は「マスク不足」であることが、Insight Techが2020年3月17日に発表した調査結果より明らかになった。新型コロナウイルスの発生によって生活が「変わった」と感じている人は77%にのぼる。

生活・健康 保護者
専業主婦(主夫)が新型コロナウイルスにより困っていること
  • 専業主婦(主夫)が新型コロナウイルスにより困っていること
  • 新型コロナウイルスについて情報を得ている手段
  • 新型コロナウイルスに関する日々の報道についてどう思うか
  • 新型コロナウイルスの発生によって生活が変わったか
  • 勤務先で実施された新型コロナウイルス対策
  • 新型コロナウイルスに関することで勤務先への不満はあるか
  • 「新型コロナウイルスへの不満・懸念点」に関する頻出ワード 意見対象部(主部)
  • 「新型コロナウイルスへの不満・懸念点」に関する頻出ワード 意見対象部(主部)
 専業主婦(主夫)が新型コロナウイルスのために困っていることの1位は「マスク不足」であることが、Insight Techが2020年3月17日に発表した調査結果より明らかになった。新型コロナウイルスの発生によって生活が「変わった」と感じている人は77%にのぼる。

 調査は、Insight Techが運営する「不満買取センター」を利用するユーザーを対象に実施したもの。有効回答数は2,996件。調査期間は2020年3月2日・3日。

 新型コロナウイルスに関する情報を得る手段は、「テレビ」66%が最多。ついで、「ネット」25%、「SNS」6%、「会話」1%、「新聞」1%など。日々の報道については、「とても過剰」18%、「過剰」35%と、半数以上が過剰だと思っていることがわかった。

 新型コロナウイルスの発生によって生活が「とても変わった」27%、「変わった」50%と、合わせて77%が生活に変化を感じていた。

 仕事をしている人を対象に、勤務先での新型コロナウイルス対策を聞いたところ、「アルコール消毒の設置」47%がもっとも多く、「イベント参加自粛」29%、「マスクの配布」24%、「宴会自粛」23%、「出張の自粛」19%などが続いた。「リモートワーク(在宅勤務)」「テレビ会議・Web会議」はいずれも10%。また、新型コロナウイルスに関することで勤務先への不満が「ある」と回答した人は49%であった。

 専業主婦(主夫)が新型コロナウイルスのために困っていることの1位は「マスクがない・足りない」61%。2位「人混みの中での買い物」16%、3位「ウイルスへの対策」10%、4位「正しい情報の取得」9%など。「子どもの幼稚園・学校の休み」は7%だが、調査期間が2020年3月2日・3日であるため「3月2日からの小中高校の一斉休校開始」による影響がまだ軽微である可能性が考えられるという。

 新型コロナウイルスへの不満や懸念点について回答者の声を分析したところ、「マスク」への意見が圧倒的に多かった。ほかにも、「トイレットペーパー」「政府」といった内容が目立っている。「デマ」「オリンピック」「ストレス」「不安、危機感、不満」などのキーワードもあがっていた。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)