東京都総務局、職員採用…コロナ影響受けた新卒者ら対象

 東京都総務局は、新型コロナウイルス感染症による雇用情勢の悪化を踏まえ、緊急雇用対策として、感染症の影響を受けた者を対象に会計年度任用職員(アシスタント職)の募集を実施する。

教育・受験 その他
東京都総務局
  • 東京都総務局
  • 総務局アシスタント職募集要項(会計年度任用職員)
  • 総務局アシスタント職募集要項(会計年度任用職員)
 東京都総務局は、新型コロナウイルス感染症による雇用情勢の悪化を踏まえ、緊急雇用対策として、感染症の影響を受けた者を対象に会計年度任用職員(アシスタント職)の募集を実施する。

 この度、募集するのは総務局アシスタント職員(一般業務)。職務内容は、コールセンターにおける電話対応や屋外でのPR活動など、新型コロナウイルス感染症対策に関する業務。ただし、感染症の動向により、総務局における一般事務に関する補助業務などに従事する可能性がある。

 任用期間は5月1日から2021年3月31日まで。任用期間満了後に同一の職務内容の職が設置される場合で、かつ能力実証の結果が良好である場合は、4回を上限として公募によらず再度任用される可能性がある。勤務日数は月16日(原則として、土曜・日曜・祝日および年末年始は除く)。本人の希望により短時間勤務(月12日勤務など)も可能とする。勤務時間は、原則として午前9時から午後5時45分まで(休憩1時間)。

 報酬額は、時間額1,050円(改訂される場合あり)で、業務に応じた加算あり。通勤手当相当額を別途支給する(上限5万5,000円/月)。一定の要件を満たす場合、期末手当も支給する。

 応募資格は、新型コロナウイルス感染症の影響により、企業などから内定を取り消された者および雇止めになった者。希望者は、会計年度任用職員申込書を4月17日まで(当日必着)に郵送すること。

 書類選考および面接選考にて採用者を決定する。面接選考時に、内定取消通知などの内定が取り消されたことを証明する書面または雇止めになったことを証明する書面を必ず持参すること。ただし、当該書面の交付を受けていない場合は、面接選考時に申し出ること。

 このほか、詳細は東京都総務局Webサイトに掲載している。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)