NIIら「情報科学の達人」育成官民協働プログラム開始

 国立情報学研究所(NII)は2020年4月、情報処理学会(IPSJ)および情報オリンピック日本委員会(JCIOI)と共に、科学技術振興機構(JST)グローバルサイエンスキャンパス(GSC)「情報科学の達人」育成官民協働プログラムを本格的に開始した。

教育業界ニュース その他
「情報科学の達人」プログラム実施概要
  • 「情報科学の達人」プログラム実施概要
 国立情報学研究所(NII)は2020年4月、情報処理学会(IPSJ)および情報オリンピック日本委員会(JCIOI)と共に、科学技術振興機構(JST)グローバルサイエンスキャンパス(GSC)「情報科学の達人」育成官民協働プログラムを本格的に開始した。

 「情報科学の達人」プログラムは、20代で世界のトップクラスの研究を行う情報学研究者や技術者を日本からも多数輩出することを目指して高校生・高専生を選抜し、先端的な共同研究に早期に取り組ませることでエリート教育を実施するもの。第1期生となる2020年度受講生の募集を1月14日から2月21日まで実施したところ、日本情報オリンピックの予選Aクラスの成績上位者を含め合計76名の応募があり、そこから中学生6名、高校生25名、高専生7名(2020年3月時点)の計38名を受講生として選抜した。

リシードで全文を読む
《桑田あや》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)