高校生「休校影響調査」自宅学習における悩みは?

 一斉休校による自宅学習において高校生が悩んでいることは「周りとの差が不安」76.4%がもっとも多いことが、旺文社が2020年5月14日に発表した調査結果より明らかになった。休校中の1日の学習時間は「5時間以上」が半数以上を占めた。

教育・受験 高校生
自宅学習についてのアンケート
  • 自宅学習についてのアンケート
  • 休校期間中の1日の学習時間
  • 休校期間中に取り組んでいる学習内容
  • 自宅学習で悩んでいること
 一斉休校による自宅学習において高校生が悩んでいることは「周りとの差が不安」76.4%がもっとも多いことが、旺文社が2020年5月14日に発表した調査結果より明らかになった。休校中の1日の学習時間は「5時間以上」が半数以上を占めた。

 自宅学習についてのアンケートは、旺文社が運営する英単語アプリ「ターゲットの友」シリーズと参考書情報サイト「StudiCo(スタディコ)」のユーザーを対象に実施したもの。調査時期は4月30日~5月7日。回答者は953人で、このうち高校3年生56.3%、高校2年生12.4%、高校1年生20.2%、その他11.1%。

 休校中の1日の勉強時間は、「7時間以上」31.9%が最多。「5時間~7時間未満」も24.0%おり、合わせて55.9%が「5時間以上」勉強をしている。学習内容は、「学校からの課題」81.4%がもっとも多く、「参考書などでの自習」71.0%、「学習アプリ・Webサービス」45.6%、「塾からの課題」31.2%、「授業のオンライン受講」30.5%などが続いた。

 自宅学習における悩みを聞いたところ、もっとも多かったのは「周りとの差が不安」76.4%。ついで、「やる気が起きない」62.3%、「大学入試がどうなるか不安」58.1%、「適切な勉強量がわからない」41.1%、「何を勉強してよいかわからない」36.0%など。休校により自分の学力や受験勉強計画の“現在地”を知るための情報が不足することが「適切な勉強量がわからない」「何を勉強してよいかわからない」といった悩みにつながり、「やる気が起きない」というモチベーション低下を引き起こす要因になっているとみられるという。

 「大学入試がどうなるか不安」も半数以上が回答しており、特に高校3年生の中には「予定通り実施されるのか」という不安が広がっているようだ。また、自由回答には「9月入学・始業」制度についても関心を寄せる声が多く集まった。

 自宅での学習を効率的に進めるコツや、勉強の際に決めているルールは、「1日の時間の使い方」に関する回答が多く集まった。「休校期間中でも学校の時間割に合わせて勉強する」などのタイムマネジメントや自分なりの目標を意識した行動についての意見や、「スマホは勉強以外に使わない」など、スマートフォンとの付き合い方に留意する声も多かった。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)