【中学受験】日能研、東海地区の授業を再開…首都圏はオンライン授業継続

 日能研は2020年5月20日、東海地区の緊急事態宣言が解除されたことから授業を22日から再開することを決めた。一方、解除されていない首都圏や北海道の教室はオンライン授業を継続する。

教育・受験 小学生
日能研
  • 日能研
  • 全国テスト
 日能研は2020年5月20日、東海地区の緊急事態宣言が解除されたことから授業を22日から再開することを決めた。一方、解除されていない首都圏や北海道の教室はオンライン授業を継続する。

 東海地区では、緊急事態宣言が解除され、小学校も順次登校できるようになるため、5月22日から本科・予科教室の授業を順次再開する。学習力育成テストは「自宅受験」にて対応を行い、日能研公開模試は「教室実施」する。学びの場を止めないためには何よりも感染防止が必要とし、日能研スタッフは、細心の注意を払って対応するという。

 緊急事態宣言が続く首都圏の教室では、5月22日から31日まで、教室においての対面での授業・テスト・イベントは、すべて実施しない。今後も、動画の配信を学びの軸にし、Zoomによる対面授業を継続していく。緊急事態宣言が解除されていない北海道・札幌の教室も、同様の対応となる。

 また、関西地区の教室は、学習塾への休業要請は解除されたが、5月22日から31日まで、教室での対面での集団授業・テスト・イベントは、すべて実施しないことを決めている。授業はZoomでのライブ配信および教室内の動画で対応し、テストは当面の間、現在の自宅受験を継続する。

 岡山地区の教室は、緊急事態宣言が解除され、県内での状況は大きく改善したと判断し、5月8日から全面的に通常通り再開している。しかし、多くの生徒が一堂に集うテストは5月31日まで自宅受験を継続し、6月6日実施分より通常通り岡山校で実施する予定。

 広島地区の教室は、5月22日より全面的に通常通り再開。テストについては5月31日までは自宅受験を継続し、6月6日実施分より通常通り広島本部校で実施する予定。九州・四国・沖縄教室は、5月19日から、授業・テストをすべて各教室で実施している。

 また、現在日能研は、6月14日・21日に実施する「全国テスト」の申込みを受け付けている。対象は小学2~5年生で、参加費は無料。新型コロナウイルス感染拡大による今後の社会情勢を踏まえ、地域によっては自宅受験の対応も行う。詳細はWebサイトで確認できる。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)