小学校の英語、筆記テストだけではなく意欲高める評価を

 教育に関する研究機関のワールド・ファミリー バイリンガル サイエンス研究所(IBS)は2020年7月1日、「子どもを英語嫌いにしないための評価」を国立教育政策研究所などのデータおよび、世田谷区教育委員会(東京都)の研修現場の取材から調査・考察し公表した。

教育・受験 先生
ワールド・ファミリー  バイリンガル サイエンス研究所
  • ワールド・ファミリー  バイリンガル サイエンス研究所
  • 小学校外国語活動・外国語科 評価方法の実態
 教育に関する研究機関のワールド・ファミリー バイリンガル サイエンス研究所(IBS)は2020年7月1日、「子どもを英語嫌いにしないための評価」を国立教育政策研究所などのデータおよび、世田谷区教育委員会(東京都)の研修現場の取材から調査・考察し公表した。

 2020年度から全国の小学5・6年生が英語を教科として学んでいる。これは、全国の小学校教員が子どもたちの英語学習を評価して成績をつけ始めるということでもある。世田谷区教育委員会は、2020年5月に外部講師を招いたオンライン研修を実施。教員側から、「子どもがA~Cの評価のうち、Cをもらったらショックを受けると思う」という視点での意見が出され、評価によって英語嫌いの子どもを生み出したくないという不安が伺えた。

 2020年3月末に公表された「『指導と評価の一体化』のための学習評価に関する参考資料:小学校 外国語・外国語活動」(国立教育政策研究所)では、子どもたちの学習状況を「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体的に学習に取り組む態度」という3つの観点(評価の視点)ごとに、3段階(例:A、B、C)で分析的に評価することが求められている。これらの観点で示しきれない子どもの感性や思いやり、可能性、進歩の状況などは、個人内評価として積極的に子どもへ伝えることも重視されている。

 文部科学省(2018年)の調査によると、全国の国公立中学3年生およそ6万人のうち、英語の学習が好きな生徒は約半数の54.6%。残りの「好きではない」と回答した生徒の場合、「英語そのものが嫌い」(34.0%)、ついで「英語のテストで思うような点数がとれない」(15.0%)という理由が多いことがわかった。小学校でも、成績をつけるために英語のテストで評価しようとすれば、その点数が英語の好き・嫌いに影響する可能性はある。

 研修会の講師を務めた玉川大学の佐藤久美子教授は、ペーパーテストを使うだけでなく、学習評価の場面や方法をもっと工夫し、学習の過程や経過も評価することが重要なポイントだと説明。国立教育政策研究所の調査(2017年)によると、小学校外国語教育に関する教育課程特例校・研究開発学校(2015年時点)においても、評価方法は児童の行動観察が圧倒的に多く(96%)、テストの実施はまだ少ない。ただし、数字や記号を使って成績をつける学校の教員ほど、評価のためにテストを使っていることが報告されている。

 また、国立教育政策研究所の調査では、成績のつけ方(数字・記号か文章)は、通知表を見た子どもが英語の授業で「もっとがんばろう」と思うかどうかに影響しない一方で、自分の「英語の授業での様子をよく表していると思う」と評価の妥当性を感じている子どものほうが「がんばろう」と思う傾向にあることも明らかになっている。つまり、評価をすること、成績をつけることは、子どもたちのモチベーションに悪影響を与えるとは限らないということ。悪影響を与えるとすれば、たとえば、英語が好きで話せるようになりたい気持ちはあるけれどテストで良い点をとれなくて成績が低いなど、自分の意欲や努力が先生に理解されていないと感じたときだという。

 考察では、「評価」は成績をつけることが目的ではなく、「もっとがんばろう」と思わせて目標を達成させること。そのために授業を改善することが目的であることを忘れずに工夫を行えば、英語嫌いを生まない評価ができるのではないかとまとめている。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)