小学館「ポケモン」プログラミングドリル…ワンダーラボ監修

 子ども向けアプリ教材開発・運営などを行うワンダーラボが監修する「学習ドリル ポケットモンスター 思考力をのばす!プログラミング」が2020年7月8日に小学館から発売された。5~8歳の思考力を育てる5分野で構成し、楽しみながら学習できる。800円(税別)。

教育ICT 小学生
学習ドリル ポケットモンスター 思考力をのばす!プログラミング
  • 学習ドリル ポケットモンスター 思考力をのばす!プログラミング
  • モンスターボールのめいろ
  • にじのはしのめいろ
 子ども向けアプリ教材開発・運営などを行うワンダーラボが監修する「学習ドリル ポケットモンスター 思考力をのばす!プログラミング」が2020年7月8日に小学館から発売された。5~8歳の思考力を育てる5分野で構成し、楽しみながら学習できる。800円(税別)。

 2020年度から学校教育の現場で「プログラミング教育」が必修化されているが、ポケモンという親しみのあるキャラクターと一緒に、図形やパズル、迷路で遊びながら、プログラミング的思考力を自然と習得できる学習ドリル。

 ドリルは、思考力の土台となる「空間認識」「平面認識」「試行錯誤」「論理」「数的処理」の5つに分類し、特に10歳くらいまでに大きく伸びる「空間認識」「平面認識」、また何ごとに取り組むにも重要な要素である「試行錯誤」を優先的に、低学年でも取り組みやすい構成にしている。

 監修したワンダーラボは、2014年創業の教育テック(EdTech)分野のスタートアップ。子どもたちが本来持っている「知的なワクワク」を引き出すためのコンテンツを開発・運営しており、国際的な算数大会の問題などを多数製作・監修している。2020年2月、社名を花まるラボからワンダーラボに変更し、STEAM教育領域の新しい通信教育「ワンダーボックス」を発表している。

 「学習ドリル ポケットモンスター 思考力をのばす!プログラミング」は、B5判・64ページ、800円(税別)。全国の書店やネット書店で発売中。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)