レゴ・ロボットプログラミング「チャレンジミッション」8/16まで

 レゴ エデュケーション正規代理店のアフレルは、小中学生向けレゴロボットプログラミングの家庭学習教材を使った「チャレンジミッション投稿応援キャンペーン」を2020年8月16日まで実施中。家庭で過ごす時間が増えるこの夏、挑戦する子どもたちを応援する。

教育ICT 小学生
チャレンジミッション
  • チャレンジミッション
  • チャレンジミッション投稿応援キャンペーン
  • レゴWeDo 2.0 for home
  • 教育版レゴ マインドストーム EV3 for home
 レゴ エデュケーション正規代理店のアフレルは、小中学生向けレゴロボットプログラミングの家庭学習教材を使った「チャレンジミッション投稿応援キャンペーン」を2020年8月16日まで実施中。家庭で過ごす時間が増えるこの夏、挑戦する子どもたちを応援する。

 チャレンジミッションは、家庭での学びを深める場として、「レゴ WeDo 2.0」「レゴ マインドストーム EV3」を使用し、解決するミッションをWebサイトに掲載。さまざまな課題にチャレンジして、ミッションをクリアできた動画を投稿する。投稿すると抽選で賞品のプレゼントを用意している。

 たとえば、「レゴ WeDo 2.0」のミッションでは、「障害物があったらストップする車をつくろう」。ヒントを図付きで掲載。所要時間は約10分としている。完成後は動画を投稿する。「レゴ マインドストーム EV3」のミッションは、「障害物を全部たおしてゴールしよう」「ビルのまわりを巡回する警備ロボをつくろう!」など。ミッションは日々更新し、増えていく。クリアしていくごとにロボットプログラミングの楽しさを感じられるという。

 また、期間中(8月16日まで)に対象商品を購入すると限定特典が付くキャンペーンを実施。対象商品は、レゴWeDo2.0本体に加えて、家庭での学びをサポートするガイドやワークブックなどがセットになった家庭学習向けロボットプログラミング教材「レゴWeDo 2.0 for home by アフレル」(対象年齢が5歳~)、3万5,970円(税込)。

 さらに、家庭学習向けロボットプログラミング教材「教育版レゴ マインドストーム EV3 for home by アフレル デビューセット」(対象10歳~)。専用ソフトウェア「教育版EV3ソフトウェア」を含み7万1,500円(税込)。

 アフレルの家庭学習「for home」シリーズは、基本的な使い方からプログラミングの基礎・応用まで、家庭でのロボットプログラミング学習をサポートするガイドブックとワークブックが含まれている。オリジナルモデルの組み立て図や基本・応用課題など、学びの意欲が高まる充実のラインアップとなっている。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)