シャープ、輪番タイマー搭載充電保管庫…GIGAスクール準拠

 シャープは、GIGAスクール構想の標準仕様に準拠した輪番タイマー搭載充電保管庫を2020年10月に発売する。複数のタブレット端末やパソコンなどの学習用端末を、効率よく充電しながら保管できる。

教育ICT 先生
輪番タイマー搭載充電保管庫の使用イメージ(写真は輪番タイマー「RW-AS1」と充電保管庫「#BZK2218」の組合わせ)
  • 輪番タイマー搭載充電保管庫の使用イメージ(写真は輪番タイマー「RW-AS1」と充電保管庫「#BZK2218」の組合わせ)
 シャープは、GIGAスクール構想の標準仕様に準拠した輪番タイマー搭載充電保管庫を2020年10月に発売する。複数のタブレット端末やパソコンなどの学習用端末を、効率よく充電しながら保管できる。ラインアップは、収納台数22台と44台の2タイプ・4モデル。希望小売価格はオープン。

 輪番タイマー搭載充電保管庫は、2系統の電源供給に対応した輪番タイマーを搭載。保管庫内に収納した学習用端末を2つのグループに分け、あらかじめ設定した時間通りに2系統を順番に充電できる。そのため、電源容量の限られた教室でも負荷を抑えて効率よく充電することが可能。充電方法は、「授業時間内充電」「放課後充電」「長期休暇中充電」の3パターンから選べる。充電開始ボタンを押し、充電方法を選ぶだけで、簡単に充電できる。扉は鍵による施錠。文部科学省が推進するGIGAスクール構想の標準仕様に準拠している。

リシードで全文を読む
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)