茨城大、遠隔授業で学生の理解度向上…9割以上の教員「今後も活用」

 茨城大学は2020年8月7日、遠隔授業に関するアンケートの結果を公表した。遠隔授業による学修は学生の76.1%が肯定。授業の理解度や満足度は前年度の対面授業より向上した。教員は、遠隔授業向けに6割が授業方法を見直し、9割以上が「今後も活用したい」と評価した。

教育ICT 先生
遠隔授業において十分な学修ができたか(学部別、学生アンケート)
  • 遠隔授業において十分な学修ができたか(学部別、学生アンケート)
 茨城大学は2020年8月7日、遠隔授業に関するアンケートの結果を公表した。遠隔授業による学修は学生の76.1%が肯定。授業の理解度や満足度は前年度の対面授業より向上した。教員は、遠隔授業向けに6割が授業方法を見直し、9割以上が「今後も活用したい」と評価した。

 茨城大学では、新型コロナウイルス感染症対策として、4月30日~8月12日の前学期は原則として全授業をオンラインによる遠隔授業としている。今回、6月19日に第1クォーターの授業が終了したことに伴い、学生と教員を対象にそれぞれアンケート調査を実施した。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)