幼小中の理科教育を支援表彰「ソニー教育実践論文」募集

 ソニー教育財団は2020年9月上旬まで、全国の小学校・中学校、幼稚園・保育所・認定こども園を対象に「教育・保育の実践と今後の計画」をまとめた教育・保育実践論文を募集している。

教育・受験 先生
ソニー教育財団「教育実践論文募集」
  • ソニー教育財団「教育実践論文募集」
 ソニー教育財団は2020年9月上旬まで、全国の小学校・中学校、幼稚園・保育所・認定こども園を対象に「教育・保育の実践と今後の計画」をまとめた教育・保育実践論文を募集している。より良い教育・保育の実践に取り組む学校・園には教育助成金とソニー製品の教育教材が贈られる。

 ソニーの創業者である井深大氏は、日本の発展のためには子どもたちの理科教育が重要だと考え、1959年に「ソニー理科教育振興資金」の贈呈を開始。それ以来60年以上の長きにわたり数多くの教育・保育の現場を支援している。教育助成論文のこれまでの応募総数は累計1万4,000件を超え、2019年度は324件の応募論文の中から159校・園が入賞し支援を受けている。

リシードで全文を読む
《畑山望》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)