イーオン、愛媛県公立中の生徒へオンライン英語学習を実施

 イーオンは2020年8月18日、愛媛県教育委員会が英検3級取得を目指す公立中学校の生徒を対象に実施するオンライン英語学習講座を受託したと発表した。公立中学校でイーオン英語教師が生徒へのオンライン英語レッスンを行うのは、初の取組みだという。

教育・受験 中学生
イーオン
  • イーオン
  • 業務概要
 イーオンは2020年8月18日、愛媛県教育委員会が英検3級取得を目指す公立中学校の生徒を対象に実施するオンライン英語学習講座を受託したと発表した。公立中学校でイーオン英語教師が生徒へのオンライン英語レッスンを行うのは、初の取組みだという。

 イーオンは、愛媛県教育委員会から、2017年~2019年の過去3年間にわたり、公立中学校英語教員を対象とした「英語コミュニケーション能力ボトムアップ事業」における「英語力向上講座」を受託している。これまでに延べ236人の教員を対象に英語研修を実施し、クラスルームイングリッシュを用いた指導力や英語力のさらなる向上に協力してきた。

 愛媛県教育委員会は、英語教員指導強化に続き、英語教育の充実化の一環として、英検3級取得を目指す公立中学校の生徒を対象としたオンラインによる英語学習講座実施事業を公募し、今回もイーオンが受託した。

 オンライン英語学習は、英検受験に対して受験料を補助する愛媛県内の市町(学校組合)教育委員会が所管する中学校全51校に在籍する中学生のうち、2020年度中に英検3級を受験予定の生徒約1,000人(想定)を対象に実施する。授業は、放課後(午後4時15分~45分)の30分間を1講座とした全5講座のオンライン授業。英検3級取得に向けて、1次試験と2次試験の各問題の効果的なアプローチや、4技能向上のための効果的な英語トレーニングなどを行う。

 受講者の理解・定着を図るため、同じ配信内容を2回ずつ受講することを基本(生徒1名あたり全5講座×2回受講)とする。4技能(聞く・読む・話す・書く)の指導ならびに学習意欲を引き出すことに定評のある教師2名が担当講師として、9月8日から11月6日までオンライン授業を受け持ち、生徒は各学校の教室で受講する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)