慶大FinTEKセンター×IGS、学生の個人情報に関する共同研究開始

 慶應義塾大学FinTEKセンターとIGSは2020年8月11日、ブロックチェーンを用いた個人情報の管理・活用を実現するシステム開発に関する共同研究「STARプロジェクト」の開始を発表した。

教育ICT 先生
STARプロジェクト システムイメージ
  • STARプロジェクト システムイメージ
 慶應義塾大学FinTEKセンターとIGSは2020年8月11日、ブロックチェーンを用いた個人情報の管理・活用を実現するシステム開発に関する共同研究「STARプロジェクト」の開始を発表した。三菱UFJ銀行ら参加企業とともに3年間の実証研究を行い、その後のプラットフォーム化を目指す。

 フィンテックに関する学際的研究と教育を目的とするFinTEKセンター(慶應義塾大学経済学部附属経済研究所FinTEKセンター)と、多様な評価指標の研究や評価ビッグデータの分析を通じて学生と企業のマッチング支援を進めるIGS(Institution for a Global Society)は、「学生の個人情報を、学生自身の手に戻す」をテーマとする共同研究「STAR(Secure Transmission And Recording)プロジェクト」を開始。FinTEKセンター、IGS、参画企業の3者による3年間の実証実験を進めると発表した。

リシードで全文を読む
《畑山望》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)