保育運営のICT化、登降園手続きなど高い満足度

 保護者は、毎日の登降園手続きやメール、連絡帳などで保育運営のICT化に対する満足度が高いことが2020年8月24日、global child careの調査結果から明らかになった。保育運営のICT化で負担が軽減され、手続き簡素化や時間短縮につながっていることが評価を得ているという。

教育業界ニュース 教育ICT
ICチップ入りのキーホルダーでタッチすると登園・降園が記録(左)、連絡帳アプリCCS NOTE(右)
  • ICチップ入りのキーホルダーでタッチすると登園・降園が記録(左)、連絡帳アプリCCS NOTE(右)
 保護者は、毎日の登降園手続きやメール、連絡帳などで保育運営のICT化に対する満足度が高いことが2020年8月24日、global child careの調査結果から明らかになった。保育運営のICT化で負担が軽減され、手続き簡素化や時間短縮につながっていることが評価を得ているという。

 調査は、東京都・千葉県・神奈川県・大阪府で「あい・あい保育園」などの認可保育所・小規模保育施設を運営するglobal bridge HOLDINGSの子会社、global child careが2020年7月30日~8月12日に実施。あい・あい保育園に在園する園児の保護者1,516世帯を対象とし、1,772人から回答を得た。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)