全国住みたい街ランキング中間発表、コロナ禍でも大きな変動なし

 ウェイブダッシュは2020年10月22日、「全国住みたい街ランキング2021年版」の中間発表として10月6日時点でのランキングを発表した。1位は前回(2020年4月)と同じく「神奈川県横浜市」。トップ10のランキング順位に大きな変動は見られなかった。

生活・健康 その他
「全国住みたい街ランキング2021」中間発表(2020年10月6日時点)
  • 「全国住みたい街ランキング2021」中間発表(2020年10月6日時点)
  • 生活ガイド.com
 ウェイブダッシュは2020年10月22日、「全国住みたい街ランキング2021年版」の中間発表として10月6日時点でのランキングを発表した。1位は前回(2020年4月)と同じく「神奈川県横浜市」。トップ10のランキング順位に大きな変動は見られなかった。

 「全国住みたい街ランキング」は、ウェイブダッシュが運営する地域応援サイト「生活ガイド.com」の会員が住みたい街として選んだ市区町村をランキング化したもの。2021年版の中間発表では、2020年4月1日から10月6日までに寄せられた1万2,970人の回答を集計している。

 中間発表で1位だったのは、前回と同じく「神奈川県横浜市」。2位「北海道札幌市」、3位「東京都港区」、4位「福岡県福岡市」、5位「東京都世田谷区」、6位「大阪府大阪市」、7位「愛知県名古屋市」、8位「兵庫県神戸市」、9位「京都府京都市」、10位「埼玉県さいたま市」が続いている。

 トップ10の顔ぶれは前回とは変わっていなかったが、前回8位の「愛知県名古屋市」が7位、前回7位の「兵庫県神戸市」が8位と順位が入れ替わった。

 ウェイブダッシュは、新型コロナウイルスの影響で郊外都市がランクアップすることを予想していたというが、「住みたい」という現実的ではない選択のためか、あまり影響が見られなかった。

 「全国住みたい街ランキング2021年版」の中間発表は20位まで、地域応援サイト「生活ガイド.com」に掲載されている。最終的なランキングの発表は2021年4月を予定。4月の発表では全国100位まで、地域ごとに5位までを発表する予定だという。

◆全国住みたい街ランキング2021年版 中間発表(2020年10月6日時点)
1位:神奈川県横浜市
2位:北海道札幌市
3位:東京都港区
4位:福岡県福岡市
5位:東京都世田谷区
6位:大阪府大阪市
7位:愛知県名古屋市
8位:兵庫県神戸市
9位:京都府京都市
10位:埼玉県さいたま市
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)