大学向け決済フロントシステム、事務の電子化・非対面化を促進

 東計電算は、クラウド型決済情報管理システム「K-front」において大学向けのWeb振替口座登録機能のプラットフォーム化を図り、2020年4月より大阪大学に提供している。

教育ICT 先生
「K-front」導入事例
  • 「K-front」導入事例
 東計電算は、クラウド型決済情報管理システム「K-front」において大学向けのWeb振替口座登録機能のプラットフォーム化を図り、2020年4月より大阪大学に提供している。

 K-frontは、複数の決済代行会社との間で発生する決済業務情報を、一括してクラウド上で統合的に管理できるプラットフォーム。K-frontを導入すると、各決済サービスに応じて接続インターフェースを構築する必要がなくなり、1つの統合した情報として簡単に管理できるようになる。顧客情報の登録・管理をK-frontのプラットフォーム上で行えるので、手作業での情報入力や紙での個人情報の保管、個人情報データの管理の必要もなく、経費削減や情報漏洩の防止にもつながる。

リシードで全文を読む
《外岡紘代》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)