11月生まれベビーの名づけトレンド調査「鬼滅ネーム」多数

 ベビーカレンダーは2020年12月14日、2020年11月生まれの赤ちゃん1万2,209件を対象に「11月生まれベビーの名づけトレンド」を調査。「鬼滅の刃」に影響を受けた「玄弥」「天元」「実弥」など「鬼滅ネーム」の赤ちゃんが誕生していることがわかった。

生活・健康 保護者
鬼滅ネーム
  • 鬼滅ネーム
  • 鬼滅ネーム
  • 11月名前ランキングトップ10
  • 11月漢字ランキングトップ10
  • 鬼滅ネーム
  • 11月読みランキングトップ10
  • 赤ちゃんの名づけ・名前ランキング
 ベビーカレンダーは2020年12月14日、2020年11月生まれの赤ちゃん1万2,209件を対象に「11月生まれベビーの名づけトレンド」を調査。「鬼滅の刃」に影響を受けた「玄弥」「天元」「実弥」など「鬼滅ネーム」の赤ちゃんが誕生していることがわかった。

 ベビーカレンダーは日本最大級赤ちゃんの名づけ調査件数で、2019年には「赤ちゃんの名づけ・名前ランキング」サイトを開設した。2020年11月には約16万人の新生児を対象に、2020年生まれの赤ちゃんの名前ランキングを発表した。

 「11月生まれベビーの名づけトレンド調査」は、ベビーカレンダーが企画・運営している「ファーストプレゼント」「おぎゃー写真館」「ベビーカレンダー全員プレゼント」のサービスを利用した人1万2,209件(女の子:6,048件/男の子:6,161件)を対象に実施した。調査期間は2020年11月1日から2020年11月25日。

 2020年、社会現象的な流行となった「鬼滅の刃」。2020年11月に生まれた赤ちゃんのなかで、「鬼滅の刃」に登場するキャラクタ―と同じ読みの赤ちゃんが270名、同じ名前の赤ちゃんは18名いたことから、「鬼滅の刃」は赤ちゃんの名づけにも大きく影響していると言える。

 「鬼滅の刃」のキャラクターと同じ名前や読みの2020年11月生まれの赤ちゃんは、女の子122名、男の子148名、合計270名いた。「あおい」「るい」「かなた」など年間を通して人気の読みもあるが、「みつり」「玄弥(げんや)」「天元(てんげん)」などは「鬼滅の刃」をもとに名づけられたことが推察される。

 鬼滅の刃のキャラクター「甘露寺蜜璃(かんろじみつり)」と同じ「みつり」という読みの女の子は、2019年0名だったが、2020年10月は2名、11月は3名、名づけられている。「嘴平伊之助(はしびらいのすけ)」の母、「嘴平琴葉(はしびらことは)」と同じ「琴葉」という名前は、11月生まれの女の子に10名いた。

 2020年11月生まれの女の子に人気の名前1位は「楓(おもな読み:かえで)」、2位「結月(おもな読み:ゆづき)」、3位「紬(おもな読み:つむぎ)」「凛(おもな読み:りん)」だった。

 「楓」は10月に続き、2か月連続で1位を獲得。2019年には10月から12月の3か月連続で月間ランキング1位となっており、毎年秋生まれの女の子の名づけで人気が急上昇している。

 また、女の子の名づけは古風で日本的な印象のある「レトロネーム」が人気。「鬼滅の刃」の人気も、そのブームを後押ししている。

 TOP3の「楓」「結月」「紬」のほか、7位「澪(おもな読み:みお)」、同率7位「莉子(りこ)」、11位「葵(あおい)」、「彩葉(おもな読み:いろは)」、14位「美月(おもな読み:みづき)」、16位「凪(おもな読み:なぎ)」「柚葉(おもな読み:ゆずは)」といった「レトロネーム」が上位にランクインしている。

 11月生まれの男の子の人気名前1位は「蒼(おもな読み:あおい、あお)、2位「律(おもな読み:りつ)」、3位「湊(おもな読み:みなと、そう)」「蓮(おもな読み:れん)」だった。

 11月生まれの女の子に人気の読みは、1位「ほのか」、2位「つむぎ」「ふうか」だった。「ふうか」は、「楓佳」「楓華」「楓花」「楓果」の順に多く名づけられており、11月に美しく色鮮やかに紅葉する「楓」を用いた名づけが増えていることがわかった。

 4位の「いろは」は、「彩葉」「色葉」「紅葉」といった名前があてられており、紅葉をイメージする季節感ある名づけがされていた。

 11月生まれの男の子に人気の読み1位は「はると」、2位「ゆいと」、3位「ゆうと」という結果だった。男の子の読みは、「〇〇と」とよむ「と止めネーム」が近年人気で、11月はTOP3のほか、4位「あおと」、5位「あきと」、8位「みなと」と6つの名前が「と止めネーム」だった。

 11月生まれの女の子の名前で多く使われた漢字TOP3は、1位「莉」、2位「愛」、3位「花」だった。8月の人気漢字1位は「夏」だったが、9月以降3か月連続で「莉」が1位を獲得している。

 11月生まれの女の子の名前1位だった「楓」は漢字ランキング13位。10月の20位から大きくランクアップしており、10月よりもさらに多くの赤ちゃんが「楓」を用いた名づけをされていることがわかった。

 11月生まれの男の子人気漢字1位は「斗」、2位「翔」、3位「太」と、10月とまったく同じTOP3だった。「楓」は11月31位。「楓」を用いた男の子の名前では、7位「楓」のほか、46位に「楓真(おもな読み:ふうま)」もランクイン。

 このほか、「楓人(おもな読み:ふうと)」「楓芽(おもな読み:ふうが)」「楓太(おもな読み:ふうた)」「楓都(おもな読み:ふうと)」など35種類のバリエーションで名づけられていた。

 また、夏は40位以下だった「あきと」が、2020年9月26位、10月12位、11月には6位と順位を上げており、秋を連想する名前として秋が深まるにつれ人気が高まっているようだ。
《鈴木あさり》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top