高校生・大学生の今年の10大ニュース、オンライン授業や部活中止

 JSコーポレーションは2020年12月25日、高校1年生から大学4年生を対象に実施したアンケート結果をもとにまとめた「今年の10大ニュース」を発表した。高校1年生や大学1年生は、「入学したのに高校(大学)に行けなかったこと」が上位にランクインしている。

教育・受験 大学生
JS日本の学校
  • JS日本の学校
 JSコーポレーションは2020年12月25日、高校1年生から大学4年生を対象に実施したアンケート結果をもとにまとめた「今年の10大ニュース」を発表した。高校1年生や大学1年生は、「入学したのに高校(大学)に行けなかったこと」が上位にランクインしている。

 アンケートでは、高校1年生から大学4年生を対象に今年印象に残っていることを調査した。調査時期は2020年12月。学年ごとに集計し発表している。

 「高校生活5大ニュース」では、高校1年生は「学校行事の中止や延期」が最多。「入学したのに高校に行けなかったこと」が続いた。高校2年生・高校3年生は、「急に休校になり高校に行けなかったこと」がもっとも多く、ついで「学校行事の中止や延期」「部活動の中止、大会の中止や延期」であった。

 「進路選択や入試5大ニュース」では、高校1年生は「自ら考えて進学情報の収集や進路検討ができた」「文理選択をどうしたら良いか困った」、高校2年生は「オープンキャンパスに直接行けなくなり、進学先検討に困った」「進学情報の収集や進路検討の方法がわからなくなった」「志望選びをどうしたら良いか困った」が多い。

 高校3年生は「共通テスト導入など入試改革がなされたこと」が最多。ついで、「オープンキャンパスに直接行けなくなり、進学先検討に困った」「志望校選びをどうしたら良いか困った」など。「年内入試で志望校に合格した」「初めてオンラインでオープンキャンパスに参加したこと」という回答もあった。

 大学1年生でもっとも多かったのは「大学に入学したのに大学に行けなかったこと」。ほかには、「クラブ・サークルに入れなかった」「相談できる友達がいなかった」「初めて同じ大学の友達ができた」など、新入生ならではの回答がみられた。

 大学1年生から大学3年生に共通して多かったのは、「オンライン授業の日々が続いた」「外出自粛でほぼ自宅で過ごした」「急にオンライン授業が始まった」「アルバイトが十分にできなかった」など。

 大学3年生の「就職活動5大ニュース」では、「企業のほとんどの選考などがオンラインに変わっている」「就職難になった」「オンライン就活で距離や時間の制限が軽減した」「志望業界がコロナの打撃を受けて厳しくなった」「コロナの影響で就職活動が遅れてしまった」があがった。

 大学4年生の「就職活動10大ニュース」では、「展示場などで実施される合同企業説明会や就職セミナーが相次いで中止になった」が最多。「各企業のオンライン企業説明会やWeb面接が始まった」「大学内の企業説明会や就職ガイダンスが中止になった」「ほとんどの選考がオンラインで企業の雰囲気がわからず企業選択に困った」が続いた。

 このほか、「進行中だった企業の面接など選考が中断した」「各企業の企業説明会が中止になった」「休校で大学のキャリアセンターなどに相談できなかった」「志望業界や志望企業の業績が悪化した」「就職活動ができない日々が続いた」「OB・OG訪問ができなくなった」といった回答もあがっている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top