神田女学園、DDP校初の「PCDグローバルキャンパス」開校

 神田女学園中学校高等学校は2021年1月、ダブルディプロマプログラム(DDP)校として日本国内初となる「PCDグローバルキャンパス神田女学園校」を開校した。神田女学園に通いながらアメリカ名門校の卒業資格も取得できる未来型インターナショナルスクールとして展開する。

教育・受験 中学生
神田女学園中学校高等学校
  • 神田女学園中学校高等学校
  • プロビデンス カントリーデイスクール(PCD)
  • PCDグローバルキャンパス
 神田女学園中学校高等学校は2021年1月、ダブルディプロマプログラム(DDP)校として日本国内初となる「PCDグローバルキャンパス神田女学園校」を開校した。神田女学園に通いながらアメリカ名門校の卒業資格も取得できる未来型インターナショナルスクールとして展開する。

 「PCDグローバルキャンパス」は、アメリカ東海岸の伝統校「プロビデンス カントリーデイスクール(PCD)」とアメリカ最大規模の学校オンライン教育プログラムを開発・運営する「ハドソン グローバル スカラーズ(HGS)」の共同運営により世界24か国(2020年8月時点)で展開するオンラインスクール。日本国内においては2021年1月にオンラインスクール「PCDグローバルキャンパスJAAC校」を開校し、東京日本橋にメインキャンパスを開校。神田女学園をはじめ、日大櫻丘高校、郁文館夢學園、森村学園といった提携校でも順次開校する予定となっている。

 今回、神田女学園はダブルディプロマ校として日本国内初の「PCDグローバルキャンパス神田女学園校」を開校。神田女学園が運営するダブルディプロマプログラム(DDP)の3つの提携校(アイルランド、カナダ、ニュージーランド)に加えて、4つ目の提携校となる。

 PCDグローバルキャンパスは、国内の中学高校に在籍しながら、アメリカの高校教育カリキュラムを受講できることが最大の特徴。“未来の日本のリーダー”の育成を目標に、最高レベルの国際教育を提供するほか、ハーバード大学正規学生クラブの全面協力によるハーバード大学生とともに学ぶ特別プログラム、国内外のスペシャリストを講師に招いて実施するワークショップ、世界24か国のPCDグローバルキャンパス生との交流・意見交換の機会の提供など、多彩な教育プログラムを実施する。

 神田女学園においても、ほかのDDP提携校同様、日本の高校卒業と同時にPCDの卒業資格を取得することができる。それにより米国名門大学進学校(プレップスクール)の卒業資格として日本国内の大学を含む世界の大学から正規認定されるほか、アメリカ大学進学希望者には全米大学トップ5%にランキングされる有名大学への直接学部入学が可能。全米200大学から給付型の奨学金(授業料30~60%の免除)を得ることもできる。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top