塾・学童向け入退室管理システム、サーモグラフィー機能が登場

 学書は2021年2月4日、写真で伝える入退室管理システム「Kazasu(カザス)」で、入退室時の生徒の映像をサーモグラフィーで確認できるようになったと発表した。通常のサーマルカメラを導入するよりも低価格で利用でき、ソーシャルディスタンスを保って温度を検知できる。

デジタル生活 先生
入退室管理システム「Kazasu(カザス)」にサーモグラフィー機能を追加
  • 入退室管理システム「Kazasu(カザス)」にサーモグラフィー機能を追加
 学書は2021年2月4日、写真で伝える入退室管理システム「Kazasu(カザス)」で、入退室時の生徒の映像をサーモグラフィーで確認できるようになったと発表した。通常のサーマルカメラを導入するよりも低価格で利用でき、ソーシャルディスタンスを保って温度を検知できる。

 Kazasuは、生徒が専用のカードをカメラにかざした際に、入退室時刻と画像が記録され、リアルタイムで保護者に送信される入退室管理システム。入退室時の2枚の顔写真が子どもの体調や気分、教室の雰囲気を伝え、保護者が安心して子どもを預けることができる。10年以上の運用実績を持ち、全国1,000団体、2,000教室以上の学習塾、予備校、習い事教室、学童などで、のべ100万人以上に利用されている。

リシードで全文を読む
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top