EVの駐車料金を無料化…国立公園10か所・国民公園2か所

環境省は3月23日、2021年4月1日から国立公園10カ所と国民公園2カ所の有料駐車場で、電気自動車(EV)と燃料電池自動車(FCV)の駐車料金を順次、無料化すると発表した。

生活・健康 保護者
十和田八幡平国立公園(十和田湖)
  • 十和田八幡平国立公園(十和田湖)
  • 磐梯朝日国立公園(浄土平)
  • 山陰海岸国立公園(鳥取砂丘)
  • 駐車料金が無料になる国立公園と国民公園
環境省は3月23日、2021年4月1日から国立公園10カ所と国民公園2カ所の有料駐車場で、電気自動車(EV)と燃料電池自動車(FCV)の駐車料金を順次、無料化すると発表した。

環境省では、運輸部門の脱炭素化に向けてEVやFCVの普及を促進するため、自然公園財団、国民公園協会、関係地方公共団体などの協力を得て、国立公園、国民公園の有料駐車場で、EV、FCVの駐車料金を無料化していく。

無料化するのは十和田八幡平国立公園、磐梯朝日国立公園、日光国立公園、阿蘇くじゅう国立公園、霧島錦江湾国立公園など、国立公園10カ所と、新宿御苑(大木戸駐車場)、京都御苑(中立売駐車場)の国民公園2カ所。。

EVの駐車料金が無料…国立公園10カ所と国民公園2カ所

《レスポンス編集部@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top