図鑑の世界に入りこむ、体験型デジタルミュージアム7/16開業

 新感覚の体験型施設「ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO(ZUKAN MUSEUM GINZA)」が、2021年7月16日に東急プラザ銀座6Fに開業する。「小学館の図鑑NEOシリーズ」からピックアップした生き物が“デジタル”で可視化される世界に入り込むことができる。

趣味・娯楽 その他
ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO
  • ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO
  • 水中ゾーン(イメージ)
  • 森林ゾーン(夜)(イメージ)
  • 森林ゾーン(昼)(イメージ)
  • 草原ゾーン(イメージ)
  • ヘラジカ
  • アレクサンドラトリバネアゲハ
  • ミナミコアリクイ
 新感覚の体験型施設「ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO(ZUKAN MUSEUM GINZA)」が、2021年7月16日に東急プラザ銀座6Fに開業する。「小学館の図鑑NEOシリーズ」からピックアップした生き物が“デジタル”で可視化される世界に入り込むことができる。

 佐々木ホールディングス、小学館、エイド・ディーシーシー、ドリル、電通、サニーサイドアップ、朝日新聞社の7社からなる合同組合は、「ずかんミュージアム有限責任事業組合」を設立。7月16日、「ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO」を東急プラザ銀座6Fに開業する。

 ZUKAN MUSEUM GINZAは生き物そのものを伝えることがコンセプト。さまざまな生き物を「小学館の図鑑NEO」シリーズから横断的にピックアップし、いつ訪れても“地球の自然”を構成するさまざまな生き物に出会う体験ができる。

 アニメーションは生き物ごとに小学館の図鑑NEOチーム監修のもと入念に作りあげており、特に生き物の普段の行動や警戒したときの動き等、さまざまな映像資料を観察して再現。来場者は、「小学館の図鑑NEOシリーズ」からピックアップした生き物が“デジタル”で可視化される世界に入り込み、図鑑書籍だけでは伝えきれないリアルな生態系、“自然”を体感し学ぶことができる。

 館内は、「森林ゾーン」「水中ゾーン」「草原ゾーン」等に分かれており、24時間という時間の経過や天候の変動等、リアルな地球上の環境の変化を表現できるように設計。空間や時間の経過とともにリアルな“地球の自然”を体感し、学びにおいて「読んで知る」と同等に大切な「実体験をつくる」ことを目指している。

 チケットは、大人2,500円、中高生1,700円、小学生1,200円、3歳以上小学生未満900円、3歳未満無料。チケット販売方法や開始時期等、詳細は公式WebサイトやSNSに随時掲載する。

◆ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO
場所:東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座6F
営業時間:11:00~20:00(予定)
休館日:東急プラザ銀座の休館日に準ずる(1月1日と年1回の不定期休)
チケット:大人2,500円、中高生1,700円、小学生1,200円、3歳以上小学生未満900円、3歳未満無料
※チケット販売方法や開始時期等、詳細は公式WebサイトやSNSに随時掲載する
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top