地震学夏の学校、オンラインで9/6-8…参加者50名募集

 日本地震学会は2021年9月6日から8日、固体地球物理学を専攻する学部生および大学院生等を対象に、「地震学夏の学校2021」をオンライン開催する。参加無料。定員は50名。

教育イベント 大学生
 日本地震学会は2021年9月6日から8日、固体地球物理学を専攻する学部生および大学院生等を対象に、「地震学夏の学校2021」をオンライン開催する。参加無料。定員は50名。

 「地震学夏の学校」は、地震学および関連分野の第一線で活躍する研究者の講演の聴講、参加者からの研究発表を通して、議論・交流を深めるイベント。おもな対象は固体地球物理学を専攻する学部生および大学院生だが、ポストドクター等の若手研究者も参加できる。

 2021年のテーマは「沈み込み帯地震学 A to Z」。海洋プレートの沈み込みを発端とした地球内部のダイナミクスから地震・火山といった表層現象へ至る一連の過程への地震学的アプローチをおもに学び、議論する。

 参加無料。参加希望者は、必要事項を記入のうえ、地震学会事務局宛にメールで申し込むこと。定員は50名。締切りは7月31日。定員に達した場合はその段階で募集を打ち切る可能性がある。

◆地震学夏の学校2021
日時:2021年9月6日(月)~8日(水)各日10:00~17:00ごろを予定
形式:オンライン(Zoom等)
対象:固体地球物理学を専攻する学部生および大学院生等
募集人数:50名
締切:2021年7月31日(土)
※定員に達した場合はその段階で募集を打ち切る可能性がある
参加費:無料
申込方法:必要事項を記入のうえ、地震学会事務局宛にメールで申し込む
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top