小中高生対象「未来を守る作文コンクール」7/1-9/10

 気候ネットワークは、小学生から高校生を対象とした「未来を守る作文コンクール2021 ~脱炭素社会に向けて行動しよう~」を開催する。応募期間は2021年7月1日から9月10日まで。作文部門とアクション・レポート部門で作品を募集する。

教育・受験 小学生
 気候ネットワークは、小学生から高校生を対象とした「未来を守る作文コンクール2021 ~脱炭素社会に向けて行動しよう~」を開催する。応募期間は2021年7月1日から9月10日まで。作文部門とアクション・レポート部門で作品を募集する。

 便利で豊かな私たちの社会は、石油や石炭、天然ガス等の化石燃料を多く使っている。そのためたくさんの二酸化炭素が排出され、地球温暖化が進んでいる。温暖化を防止するためには二酸化炭素を2050年までに「ゼロ」にすることが必要とされている。

 コンクールでは、地球温暖化を防ぎ、安心して暮らすことができる社会を作っていくために、児童・生徒が学び、考え、実践していることを書いた作文を募集する。作文部門は「気候変動問題に対してあなたが思うこと」をテーマに、地球温暖化や脱炭素社会に向けた思いや訴え等をまとめる。

 アクション・レポート部門は「脱炭素社会に向けたあなたのアクション」がテーマ。社会を変えるためのアクションを行い、実践した内容やその結果、自分自身の思いをまとめる。アクションのようす等がわかる写真を本文に添付することも可能。どのようなアクションをすれば良いのかは自由だが、アクションの参考として、気候ネットワークが考える「アクションリスト」をWebサイトに掲載している他、アクション内容についての相談も受け付けている。

 応募は1人1点のみ。作品は必ず自分で書いたもので、未発表のものに限る。海外からの応募も可能。応募期間は7月1日から9月10日まで。郵送もしくはメールにて応募を受け付ける。

 審査委員による審査の結果、小学生の部、中学生の部、高校生の部の部門ごとに最優秀賞を1名選出する。優秀賞と未来賞は部門ごとに1名から2名を予定している。優秀作品には図書カード等の賞品が贈られる。また、10月上旬ごろにオンラインでの表彰式の開催を予定している。

◆未来を守る作文コンクール2021 ~脱炭素社会に向けて行動しよう~
テーマ:
作文部門「気候変動問題に対してあなたが思うこと」
アクション・レポート部門「脱炭素社会に向けたあなたのアクション」
対象:小学生~高校生
文字数:小学生の部1,000字以内、中学生の部2,000字以内、高校生の部2,500字以内
応募期間:2021年7月1日(木)~9月10日(金)
応募方法:メールもしくは郵送で受け付ける
※郵送の場合は9月10日(消印有効)、メールの場合は9月10日午後11時59分まで
審査結果発表:2021年9月末
※作文の形式等、詳細はWebサイトで確認できる
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top