女子中高生ら対象、ITの可能性を学ぶ「Waffle Festival」11/28

 IT分野のジェンダーギャップ解消を目指すWaffleは2021年11月28日、女子中高生や大学生らを対象としたオンラインイベント「社会で輝く先輩たちからITの可能性を学ぼう~女子中高生・大学生の進路を応援する『Waffle Festival』」を開催する。参加無料。

教育イベント 高校生
社会で輝く先輩たちからITの可能性を学ぼう~女子中高生・大学生の進路を応援する「Waffle Festival」
  • 社会で輝く先輩たちからITの可能性を学ぼう~女子中高生・大学生の進路を応援する「Waffle Festival」
  • 「医療業界×IT」パネルディスカッション登壇者 MEDITA取締役/研究開発部部長・丸井朱里氏
  • 「医療業界×IT」パネルディスカッション登壇者 Vitalogue Health代表取締役CEO・長谷川彩子氏
  • 「医療業界×IT」パネルディスカッション登壇者 富士通デザインセンタービジネスデザイン部デザイナー・菅原由貴氏
  • 「社会課題×IT」パネルディスカッション登壇者 Social Innovation Japan/mymizu代表理事/共同創設者・マクティア マリコ氏
  • 「社会課題×IT」パネルディスカッション登壇者 PoliPoli代表取締役・伊藤和真氏
  • Waffle
 IT分野のジェンダーギャップ解消を目指すWaffleは2021年11月28日、女子中高生や大学生らを対象としたオンラインイベント「社会で輝く先輩たちからITの可能性を学ぼう~女子中高生・大学生の進路を応援する『Waffle Festival』」を開催する。参加無料。

 日本は、国際学力調査PISAにおいてOECD加盟国の中でも常にトップレベルのスコアにも関わらず、科学・工学分野の職業を希望する女子生徒が3.4%と、OECD加盟国では最低の水準にある。Waffleは、これまで女子中高生を対象にIT教育やキャリア教育の機会を設けてきたが、既存の職種・業界の職業にITを掛け合わせた進路を知る機会が少ないことに課題を感じていたという。

 今回、IT技術を活用した職業が世の中を変えていくことを知ってもらい、多くの女性がIT分野で活躍するきっかけとなることを目的とした業界横断型のイベント「Waffle Festival」を開催。参加者が、さまざまな業界・職業にITが関わっていること知り、体験し、アクションにつなげることを目指す。

 当日は、「医療業界×IT」「社会課題×IT」をテーマとしたパネルディスカッションや、女性技術者等によるキャリアトークセッション、参加型のプログラミング・ワークショップや進路ワークショップ等を実施。さまざまな分野で活躍する先輩たちから直接話を聞くことができる。

 参加対象は、女子中高生・大学生に限らず、13歳~22歳の生徒・学生で、女性およびからだの性を問わず、女性アイデンティティを持つ人、ノンバイナリー、GENDER NONCONFORMING等、幅広く参加を募る。参加は無料。申込みはPeatixの当該イベントページにて受け付ける。なお、プログラミング・ワークショップおよび進路ワークショップは定員制。申込者のうち希望者に個別に案内する。

◆社会で輝く先輩たちからITの可能性を学ぼう~女子中高生・大学生の進路を応援する「Waffle Festival」
日時:2021年11月28日(日)10:00~18:00(予定)
形式:オンライン開催
対象:13歳~22歳の生徒・学生で、女性およびからだの性を問わず、女性アイデンティティを持つ人、ノンバイナリー、GENDER NONCONFORMING等の人
参加費:無料
申込方法:Peatixの当該イベントページにて受け付ける
※プログラミング・ワークショップおよび進路ワークショップは定員制。申込者のうち希望者に個別に案内する
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top