【大学受験2022】私大医学部、北里・関西医科で入学定員増

 文部科学省は2021年11月12日、2022年度(令和4年度)からの私立大学医学部の収容定員の増加に係る学則変更予定一覧を公表した。北里大学と関西医科大学の2校が定員増となる。

教育業界ニュース 文部科学省
2022年度からの私立大学医学部の収容定員の増加に係る学則変更予定一覧(2021年11月)
  • 2022年度からの私立大学医学部の収容定員の増加に係る学則変更予定一覧(2021年11月)
  • 2022年度からの私立大学医学部の収容定員の増加に係る学則変更予定一覧(2021年10月)
  • 2022年度からの私立大学医学部の収容定員の増加に係る学則変更予定一覧(2021年10月)
  • 2022年度からの私立大学医学部の収容定員の増加に係る学則変更予定一覧(2021年10月)
  • 2022年度からの私立大学医学部の収容定員の増加に係る学則変更予定一覧(2021年10月)
  • 2022年度からの国立大学医学部の収容定員の増加に係る設置計画一覧(2021年10月)
  • 2022年度からの国立大学医学部の収容定員の増加に係る設置計画一覧(2021年10月)
  • 2022年度からの国立大学医学部の収容定員の増加に係る設置計画一覧(2021年10月)
 文部科学省は2021年11月12日、2022年度(令和4年度)からの私立大学医学部の収容定員の増加に係る学則変更予定一覧を公表した。北里大学と関西医科大学の2校が定員増となる。

 2022年度からの私立大学医学部の収容定員の増加に係る学則変更予定一覧において、11月に定員増が示されたのは北里大学と関西医科大学の2校。「地域の医師確保」「研究医養成」「歯学部入学定員の削減を行う大学の特例」の枠組みによる定員増となる。

 北里大学の2022年度入学定員は、11人増の120人。関西医科大学の2022年度入学定員は、17人増の127人となる。

 2022年度からの私立大学医学部の収容定員の増加に係る学則変更予定一覧では、10月に自治医科大学等22校の定員増についても示している。

 この他、参考として2022年度からの国立大学医学部の収容定員の増加に係る設置計画一覧も公表。東京大学、東京医科歯科大学、京都大学等40校の定員増について掲載しており、各大学とも前年度(2021年度)並みの入学定員を維持している。

 2022年度からの私立大学医学部の収容定員の増加に係る学則変更予定一覧、2022年度からの国立大学医学部の収容定員の増加に係る設置計画一覧は、文部科学省のWebサイトから確認できる。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top