世界のSTEM競技会に無料参加する「スター・ウォーズチーム」募集

 青少年科学技術振興会FIRST Japanは、小学校1~3年生を対象に、STEM競技会「FIRST LEGO League(FLL)」へ「スター・ウォーズチーム」としての参加を通じてSTEM 教育を体験する機会を無料で提供する。2021年12月9日より募集開始。

デジタル生活 小学生
2020年FLL全国大会でのスター・ウォーズチーム
  • 2020年FLL全国大会でのスター・ウォーズチーム
  • FLLのようす
 青少年科学技術振興会FIRST Japanは、小学校1~3年生を対象に、STEM競技会「FIRST LEGO League(FLL)」へ「スター・ウォーズチーム」としての参加を通じてSTEM 教育を体験する機会を無料で提供する。2021年12月9日より募集開始。

 FIRSTは、米国のNPO法人。世界のSTEMコミュニティーとして、科学教育活動を行っている。

 「FIRST LEGO League(FLL)」は、世界70か国で開催される小学校1~3年生対象のSTEM教育プログラム。楽しくSTEMやロボット工学が学べるよう設計され、毎年新しく選ばれるテーマを探求し、表現する、今シーズンのテーマは「未来の輸送」。「今後の社会で必要と考えられる物の輸送のあり方」を子供の視点から考える。

 FLLへの参加機会の提供は、これまでSTEM教育が受けられなかったり、関心がなかった子供が参加できる機会を提供することで、STEM教育のギャップやジェンダーギャップの解消を目指すもの。

 ディズニーとルーカスフィルムは、FIRSTとチームを組むことで、次世代のヒーロー、イノベーター育成を行っている。今回募集する「スター・ウォーズチーム」のスター・ウォーズは、過去40年間、不可能を可能にすることを想像させ、世代を超えた世界中の人々に興奮を与えた作品。

 今回の参加機会提供の対象は小学校1~3年生。これまでプログラミングやロボット等、STEM教育を受けられなかった子供がテクノロジーの世界を学ぶ。活動の内容は、レゴブロックを用いたモデル作成、プログラミング、探求学習、プレゼンテーション。また、活動成果を披露するため、2022年2月20日、東京工業大学にて行われる「FLL Explore」の全国大会へゲストチームとして参加する

 学校や地域の友人、兄弟と「スター・ウォーズチーム」を作り、活動に参加できる。チームはレゴ社のプログラミング教材や大会で使用するレゴブロックセットの無償提供、大会参加費の免除、チームメンター向けの研修会実施等の特典があり、すぐに活動が始められる環境が用意されている。イベント出場の楽しさも体験できるように、大会本番にはスター・ウォーズにちなんだコスチュームを着用して出場するといった企画もある。

 今回、「スター・ウォーズチーム」のスペシャルアンバサダーとして、科学の面白さを多くの人に知ってもらうためマルチに活動するサイエンスアーティストであるYouTuberの市岡元気先生の参加も決定している。

◆FLLスター・ウォーズチーム募集
募集期間:2021年12月9日(木)~2022年1月3日(月)
応募方法:Webにて申込む
選考方法:書類選考 ※選考にあたり電話等による事前インタビューを行う可能性あり
募集対象:小学1~3年生の児童(2~6人)、子供と共に活動する大人のメンター(1~2人)で構成されたチーム
応募条件:
・これまでプログラミングやロボット等のSTEM教育を受ける環境(経済的・地理的・人的環境)がなかった子供チーム
・FLLへの出場が初めてで、2年間継続してFLLに参加できるチーム(2年目のメンバー・メンターの変更は可能。2年目の大会参加費はチーム負担)
・2022年2月20日(日)開催予定のFLL Explore全国大会に現地(東京)で参加出来るチーム
・活動中・活動後に写真・動画・アンケ―トの提出に協力できるチーム
・スター・ウォーズにちなんだチーム名をつける
・大会ではスター・ウォーズにちなんだ自作コスチュームを着用する
参加特典:
・無料でFLLの全活動に参加できる
・プログラミング教材贈呈
 レゴ エデュケーションSPIKEベーシック1セット
・大会用ミッションセット・活動テキスト贈呈
 FLLエクスプロアセット1セット
 エンジニアリング・ノートブック(生徒用ワークブック)
 チームミーティングガイド(メンター用指導ガイド)
・チームメンター向けオンライン研修会実施(4回)
・大会参加記念品贈呈
《高垣愛》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top