不安や悩みは相談して…文科大臣が学生らにメッセージ

 文部科学大臣の末松信介氏は2022年1月、学生等に向けて、自殺予防に係るメッセージを発表。学業や人間関係等について悩みをもったり、不安を感じたりするときには、身近な人へ相談または地域の相談窓口を利用する等して、一人で悩みを抱えないよう呼びかけている。

生活・健康 大学生
文部科学省
  • 文部科学省
  • 子供のSOSの相談窓口
 文部科学大臣の末松信介氏は2022年1月、学生等に向けて、自殺予防に係るメッセージを発表。学業や人間関係等について悩みをもったり、不安を感じたりするときには、身近な人へ相談または地域の相談窓口を利用する等して、一人で悩みを抱えないよう呼びかけている。

 文部科学大臣は、冬休み明けに児童生徒等の自殺者数が増加する傾向にあり、不安や悩みを抱える子供たちが増えることが考えられることから、学生や保護者、学校関係者に向けてメッセージを発表した。

 学生に向けたメッセージでは、「自身の将来のキャリアや学業の問題について、あるいは人間関係等について、悩みをもったり、不安を感じたりすることはありませんか。そんなときには、家族、友人、大学等の先輩や教職員等、身近な人に悩みを話してみてください。必ずあなたの味方になってくれる人がいます。絶対に、一人で悩みを抱え込まないようにしてください」と述べ、周囲に相談しづらいときは、各地域の相談窓口や各大学に設置された学生向け相談窓口を利用するよう促している。

 また、文部科学大臣は保護者や学校関係者等には、「これまでに関心のあった事柄に対して興味を失う」「成績が急に落ちる」「注意が集中できなくなる」「不眠、食欲不振、体重減少等のさまざまな身体の不調を訴える」といった、子供の態度に現れる微妙なサインに注意を払い、子供たちの不安や悩みの声に耳を傾けるよう呼びかけた。

 文部科学省Webサイトでは、電話やメール、ネット等の相談窓口一覧を公開している。
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top